楽山ツイッター
 
 
楽山は、最近、人の口を悪用して、目的を果たそうとしてきます。しかし、他者の、どういう内容のツイートを選択するかということにおいて、楽山の意図も悪意も表れてきます。
 
無責任な楽山は、批判する資格がないということを、まるで、気にせず、他人が書いたものだから、ますます責任はないじゃろ・・とでも思っているのでしょうか、否です。
 
心機一転★こも楽山さんがリツイート
クリちゃんのバナナ
@blog_sanpole_X
·9時間
そうなんだよね。
そもそも日本人とキリスト教徒やイスラム教徒とでは
「宗教の定義」や「神の概念」が違うんだよね。
言葉の定義をはっきりさせないと議論が成り立たないんだよ。
引用ツイート
Share News Japan
@sharenewsjapan1
 · 15時間
ラトビア出身YouTuber「日本人の多くは無宗教と聞いたけれど…宗教の信仰を必要としないほど、神様の存在が実は身近にあって、それが道徳に繋がっていると思う」 https://sn-jp.com/archives/32003
午後10:13 · 2021年3月5日·Twitter Web App
 
楽山は、どういうつもりで、このツイートを引用するのでしょう。本や、人の口を借りて、引用して、暗示的に、無理解を人のせいにする楽山です。
 
「「宗教の定義」や「神の概念」が違う」・・というより、楽山は、大事なことを何も知らないのに、宗教と神について、偏見だけで、余計なことばかり書いてきました。
 
「日本人とキリスト教徒やイスラム教徒とでは「宗教の定義」や「神の概念」が違う」・・人種や宗教のみならず、個人によって違うと思います。それに、神聖の定義や概念は、定まったものではなく、また、信仰とは違います。
 
概念は、感動や必要がなくても、楽山がそうであるように、うすぼんやりと、大した重みもなくても生まれますが、信仰は、感動があり必要なところにしか生まれません。
 
「言葉の定義をはっきりさせないと議論が成り立たない」・・言葉の定義と言っても、その定義も言葉で表すことになるから、つまるところ、できるだけ多くの視点からの説明をして、特に信仰については、共感を促す努力になります。
 
宗教・信仰は、共感できる人によって、必要とされるものです。
 
楽山のように、共感が成り立たないのに、幼稚な理屈だけで否定したり肯定したりする者は、全く、信仰とは別の空気だけを、空振りし続けているようなものです。
 
楽山は、こちらのことを話にならないと思っているかもしれないが、それは、こちらのセリフです。
 
共感のない楽山とは、宗教も信仰も全く話にならないのだから、楽山は自尊だけで書いて真面目な人々を疲れさせるのはやめるべきです。
 
楽山のように、心の共感が成り立たない者には、宗教も神も、分かるはずはなく、結局、安易な定義と、安い概念にしかならないでしょう。それで、なにか意見を言っているつもりなら、大間違いです。
 
楽山は、議論が成り立たないと言いたいようだが、それは、楽山が無理解だからです。しかも、無反省で、無責任であるために、学習ができないのです。
 
学問という言葉を出すまでもなく、学習というのは、反省し考えることで、努めて成長することです。それが、楽山には見られないのです。学習しない者は、先ず、議論する関係が、成り立ちません。
 
つまり、楽山には、いかなる議論も成り立たないのです。なのに、このツイートによって、議論が成り立たないことを、またしても、一般論をもって、人のせいにしています。
 
楽山は、必要なことを知らないのに、議論したかのような体(てい)を装ってきただけなのです。楽山は、ただのクレーマーに過ぎません。このような図々しく厚かましい者と、話せば分かる、などと思ってはいけません。疲れるだけです。話が平行線になったら身の程を弁えて退却する、という分別が、楽山には無いのです。
 
聖書から、神とキリストは、最も高い存在ですが、同時に、最も身近な存在です。だから、祈りが成立するのです。
 
心機一転★こも楽山さんがリツイート
ローズマリー
@happysiawase111
·3時間
幸福の科学
教えの矛盾 2
教えでは、人を赦しパンダのような癒しと包容力を持つこと。
実際は、批判をすると「悪魔が憑いた」「阿鼻叫喚地獄に行く」と信者の発想力を統制している。
疑問がでても素直に教団に言えない...言ったら「自分に悪魔が憑いた?」と思わせる教えだ。
午前9:59 · 2021年3月6日·Twitter for Android
 
ツイートしている人を批判する気はありません。
 
見かけでは、インテリ学者のように、丁寧で優しさを装う楽山ですが、中身は、既に、阿鼻叫喚のような楽山です。ひたすら本性を隠して、最近は、人の言葉を引用し悪用しています。
 
「批判をすると「悪魔が憑いた」「阿鼻叫喚地獄に行く」と信者の発想力を統制」・・楽山を批判すると、楽山が、こちらのことを、決めつけている、と言ってくるのに似ています。そして、相変わらず、楽山作の、インチキ宗教のホラーと魔法のような信仰観?の話をしてきたのです。
 
楽山は、自分が言われそうな "決めつけ" という言葉を、こちらに向けてきます。しかし、そのことで、楽山は、何か都合の悪いことを言われたら、同じことを返せばいい、という安易な気持ちで言論しているということがバレてゆく結果になっています。
 
つまり、楽山の主張には、説明も弁明も反論も、用意できていないことが明らかとなっているのです。
 
神が与える信仰の良心に逆らわせるために、いつも、嘘と詭弁とインチキの決めつけを用意して、陰にいて、何の説明も弁明も反論も用意できないので、うす笑いと安易で優しげな誘惑のだまし言葉を用意して、出番を待っている闇の存在、それが、悪魔です。・・誰かに似ているということです。
 
 
人のせいにして雲隠れ

人のせいにして雲隠れ
 
 
(2021年03月07日)
 
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、ブログ記事をリンク・抜粋)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング