ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

タグ:サイコパス

 
  楽山の粗雑な心理3
 
 素朴な真理(シルバー・バーチの霊訓)
 2020年09月07日 楽山日記(LD)
  を改めて批判。
 
 
楽山は、今まで、虚言、偏見、決めつけ、無反省、無理解、自己中、自己愛性パーソナリティ障害、等々を指摘されてきて、いっさい弁明できないという経過でありながら、平気で、以下の記事の始まりのように「素朴な真理」などと書いてくるのです。
 
それは、楽山が、自身の "粗雑な心理" によって、自らの悪と偽善を無視して、なおも、何かを教えたがる自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)がもたらす惨劇に他なりません。罪悪感や、恥ずかしい、という高等感情が、楽山には無いのです。
 
素朴な真理という言葉で、楽山が言いたいのは、素朴だから誰でも簡単に手に入るので、自分も真理を知っていると言いたいがための詭弁なのでしょうか。楽山は、真理を、草花のように美化しているようで、実は、命のない造花のように、軽く見なして、自己正当化を飾る詭弁屋に過ぎません。
 
楽山は、最早、詭弁以外、何も言えなくなっています。弁明が何も出来ないために、批判者を無視して、一般読者をターゲットに、詭弁で騙(だま)そうという詐欺師の企みです。このような下等な策略に、決して、だまされないようにしてほしいと思います。
 
 
*素朴な真理
これは自分にとっては、耳に痛い言葉だ。
本当に必要なのは単純で素朴な真理なのです。新しい大真理ではなく、驚異的な啓示でもなく、新しい神勅でもありません。
(『シルバー・バーチの霊訓(二)』シルビア・バーバネル編、近藤千雄訳、潮文社、昭和60年、p.86)
 」
以前、自分は、「新しい教えが説かれた」「旧来の思想、宗教すべてを統合する教えだ」「高級霊界からのメッセージ」「△△の霊言」というような新興宗教の宣伝文句を真に受けて、信じてしまったことがある。
 
楽山には、耳にも心にも痛覚がないという特徴があります。自己愛が勝っているために、殆ど本能のように、自分に都合の良い話しか受け取らないし発信しないのです。ゆえに、「自分にとっては、耳に痛い言葉だ」というのは、嘘です。こういう嘘を平気で言う人です。
 
今に至るまで、霊が分かるっぽい、本もたくさん読んだ、という特別の気取りが、書くたびに、楽山の文章に表れてきました。それゆえに、他者への侮辱や嫌がらせの攻撃を含めて、楽山の、自分への誇大妄想的慢心は、無反省のきれいごとを平気で書いてくる白々しさとなってきました。
 
こういうことを書くのは白々しいという、良心の好ましい知性による気づきと自覚と、高等感情が、楽山には無いのです。読者を舐めて、言葉だけ反省と謙虚に見せかけたトホホ言語が、今も、通用すると思っているのです。楽山は、カルト被害者でも批判者でもありません。加害者であります。
 
 
心の教えとは、難しい神学や哲学体系とはちがって、単純、素朴で、誰にでも理解できるものだとか、真理は永遠不変という話は知ってはいた。でもそれでも「新しい真理が説かれた」「高度な教えが説かれている」といわれれば興味を持たずにはいられなかったのだ。「いま、天上界の秘密が明かされる」「××事件の霊的真相を解明する」という話にも釣られてしまった。
 
自身を省みることもなく、永遠不変の真理を得られると思うこと自体が、楽山に傲慢不遜のベースがあることの証明であり、さらに反省も後悔も修正もせずに、書き続ける楽山には、真実は、狂気と入れ替えに遠ざかるだけで、決して見えてはこないと言えるでしょう。
 
言葉面だけの反省めいた記事であり、その反省の質量は、今までの不祥事の悪質な積み重なりから見れば、全く相容れない軽さであることを表しているだけです。即ち、その場しのぎに安いペンキを塗るように気安く反省したと言われても、その "粗雑な心理" が、書くものに表れて不正直が暴かれます。
 
また「心の教え」が誰にでも理解できるものと言っていますが、真摯で謙虚な心を持っている場合であって、自己愛で傲慢になった楽山のような者には、単純も素朴も理解できはしないのです。当てはまらない自分を棚に上げて、何を「知っていた」というのでしょう。
 
 
でも、心の教えというものは、古典聖典を開けばいくらでも書いてあるし、日めくりカレンダーにあるような名言名句、ことわざなどでも十分であろうし、そこいらじゅうにあふれていて、改めて教えてもらわなければならないようなものではないのだ。ましてや、どこかの宗教団体だけが独占しているものでもない。
 
心の教えというものは、これで十分ということがない、という特徴があるのに、それを、楽山は、「十分であろう」などと、全く理解できていないことを露呈しています。楽山においては、総ての概念が、風船のように軽くなります。実際には、風船は、そのまま、楽山の存在の軽さなのです。
 
聖典と、ことわざを、同じように並べていること、「そこいらじゅうにあふれていて」「教えてもらわなければならないようなものではない」などという、軽薄に思い上がった見なしは救いがたいもので、楽山の、自己愛と他者への見下しの野蛮さを表しているだけなのです。
 
人生を支えるのが目的で書かれた聖典と、場合によっては言えてるねという程度の軽いノリで頷くことわざとは、明らかに成立と存在の理由とプロセスが違います。これは常識と言ってよいでしょう。楽山は、そこも分かっていません。
 
このように、基本的なところを全く弁えない楽山の言葉に対する認識の甘さと、軽さと、いい加減さは、目を覆わんばかりです。思慮というものが育っていない楽山の、粗雑な見なしは、災いです。楽山の言を真に受けると、心の教えも、心自体も、楽山のように、失ってゆくでしょう。
 
「どこかの宗教団体だけが独占しているものでもない」という言い方で、楽山が言いたいのは、楽山の、自分が教えて何が悪いという開き直りです。いつも、薄汚い狙いがあって物を言う楽山には、無反省と無責任のために、人に教える知性も感性も資格も能力もありません。
 
 
今になって振り返ってみれば、新興宗教の宣伝文句に惑わされていた自分はつくづく愚かだったと思う。こんなことを書くと、「今だって、大して変わらんだろ」という厳しい意見もありそうだが、一応その後、新興宗教は退会したわけだし、その分だけは進歩したと思いたい。反省。
 
進歩したと思いたい、と言って、"反省"、という言葉を付けて反省になるでしょうか、否です。これは、自己満足に過ぎず、「新興宗教の宣伝文句に惑わされて」愚かだったと、被害者のように罪をカルトという他者に向けている時点で相変わらずアウトです。この3年数か月、何も進歩が無い楽山です。
 
また、今に至る経過を見れば、反省になってなどいないのは明らかなのです。楽山は、自分教という唯我独尊の境地を、いつも、出してきては、他者を上から見下ろしているだけでしたし、今も、そうなのです。この記事でさえ、人など芝居で簡単にだませるとでも思っている放屁に過ぎません。
 
楽山は、字面の辻褄合わせでは、軽さ、実感のなさ、嘘臭さが表れるだけだということに気づかないようです。無反省と無責任は、必然的に、学習しないことになり、成長しないことになります。その見本のような成り行きを進んでいるのが、楽山その人です。
 
楽山は、時々、この記事のような、今までのことを無視して、軽い調子の反省言葉を書いてきますが、それによって明らかになるのは、楽山が、いかに、軽佻浮薄に、まるで冗談か世間話のように、気安く言葉を並べる人であるかということです。実際、何も変わらず、反省は嘘です。信頼度はゼロです。
 
 
地上は、国と国ではなく、民族と民族でもなく、良心とサイコパスの闘いだと思います。サイコパスというのは、良心を持たないために、自分の利益と快感だけを求めて、笑いと怒りしか持たず、悲しみの情感を持たず、ゆえに、罪悪感も、責任感も、反省する心も、持っていない者たちです。
 
自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)や、ほぼ同質のサイコパスは、笑いと憎しみだけが言動を支配し、共感と悲哀の情緒を持てないために、総ての不祥事を人のせいにして、自己愛性から反社会性を帯びてくる必然が生まれます。人類の敵はサイコパスです。
 
 
 『奇跡との出会い。 心に寄り添う。3 』
 (幸福の科学のドキュメンタリー映画)
 2020年09月08日 楽山日記(LD)
   を改めて批判。
 
 
箇条書きです。小学生でも、もっと深い感想を書ける子はいるでしょう。
 
*メモ
映画『奇跡との出会い。 心に寄り添う。3 』を見た。
以下に、映画を見ながら書いたメモをまとめてみる。
・はじめから宗教色濃厚。
・証言者のなまりがいい。誠実な感じがする。
・写真はどれもいい感じ。
・インタビューに答えている人たちはみんな、人柄がよく、すごく善良にみえる。
全体的にいって、想像していたより、ずっとよかった。
本作をみていると、みなさん幸福でよかったと思うし、幸福でいる人に対して、宗教問題について傍からどうこう言う気にはならないもんだなと思う。
 
「誠実な感じ」「信仰による安心感」「写真はどれもいい感じ」「インタビューに答えている人たちはみんな、人柄がよく、すごく善良にみえる」「想像していたより、ずっとよかった」「みなさん幸福でよかった」等々、書いています。「感じ」「みえる」「よかった」・・稚拙で曖昧な感じが目立ちます。
 
一見して、楽山が書いている感想は、バラバラな感じの断片だけです。逐一批判が出来ないような書き方です。その分、この楽山の書いた記事が、まとまった意見にも批判にも弁明にもなっていない、ということが表れてきます。しかも、必要な反省ではなく、またしても、他者について判断しています。
 
 
幸福でいる人に対して、宗教問題について傍からどうこう言う気にはならないもんだなと思う
 
この軽さが、楽山の、宗教軽視~反宗教の意見なのでしょう。それで、宗教問題について、誰が、傍からどうこう言っているというのでしょう。余計なことを言ってきたのは、また、何の参考にもならないことを言ってきたのは、批判しにくい形で、今、余計なことを言っている楽山であります。
 
HSの映画について、楽山は、大方、肯定的なことを書いています。HS批判をしていたのではないでしょうか。一貫性がないという楽山の特徴が表れています。つまり、楽山にとっては、宗教など、自分満悦のための材料に過ぎず、どうでもいいのです。
 
つまり、楽山は、宗教を信じている人をバカにして、上から見下ろしているだけなのです。楽山は、宗教と信仰の深みを何も知らないし、知ろうともしない自己満の人です。ならば、黙っておればよいのです。楽山が何かを言って、宗教が助かるわけでも、廃れるわけでもありません。
 
楽山の言は、ただ、鬱陶しいだけで、疲労をもたらすだけで、邪魔になるだけであり、楽山の言は、ことごとく意味がないのです。さらに、意見の遣り取りでもしようものなら、さらに、ひどいことになることを経験しています。楽山は、徒労だけをもたらす人、けっして関わってはいけない人です。
 
 
世の中には不思議なことはあるだろう。不思議なことがあっても不思議ではない
 
元々、霊が分かるっぽい自覚だけの楽山は、不思議に関心があり、不思議な話が大好きな、髭の生えた子供に過ぎません。自己満悦の自己愛から、心霊が分かって知っているつもりの楽山は、自分を出したくて、宗教を論(あげつら)い、結局、茶化しているだけなのです。
 
宗教の不思議な話も、ましてや宗教の共感にあふれる話は特に、楽山には受け取る感性がないのです。浅い先入観が、そのまま偏見になっていて、元々、霊と超常趣味の楽山は、そういう幼稚な興味だけで、宗教に関わり、けなしたり、ほめたりします。
 
楽山は、宗教の超常的な字面が生んだ寄生虫のような存在です。楽山は、宗教と信仰にとって、ただただ傍迷惑なだけの存在です。楽山を相手にしないでください。楽山の、深みのない、丁寧語や、やさしげな言葉に、どうか、だまされないでください。
 
 
全体的にいって、想像していたより、ずっとよかった。
本作をみていると、みなさん幸福でよかったと思うし、幸福でいる人に対して、宗教問題について傍からどうこう言う気にはならないもんだなと思う。
 
「ずっとよかった」・・こういう感想が多い楽山です。小学校でも注意されそうです。
「宗教問題について傍からどうこう言う気にはならないもんだ」・・うるさいほど、いやらしいほど、宗教について、愚にもつかぬことを、どうこう言って揶揄してきたのが、楽山です。
 
 
食えねぇってば・・

食えねぇってば・・
 
 
(2020年)
(2021年)
(2022年09月17日、再録+加筆)
 
 
 
  暑い
 
顔に皮が張り付いて
少しずつずれていく
にじむ足取りで
目線が濁り始める
 
耐えることは愚かで
拭うことは卑怯で
罪悪の糸がゆるく伸びて
どこへ向けようもない苛立ちが
狭い遊び場を探す
 
指に噛みつき糞を浴びせる雛鳥を
壁に叩き付けようかと捕まえて
手の中のあまりに小さい温もりに
手は泥人形の手
泥人形は泥になる
泥の命は誰に任されている
 
全ては未定のまま歩きだす
小鳥のように飛び交うテニスボールが
はね返す澄んだ涙腺に
どこへ向けようもない沈黙が
皮ごと顔を覆い隠す
 
 
  食欲と孤独と忍耐
 
ブラウン管を見ていた
あれが人間だよ
というふうに眺めていた
この世の寄生虫
まだ食欲と僅かの信仰があります
 
信仰は食欲を超えられるだろうか
希望は愛はどうだろうか
試す機会はあるだろうか
森か山の中に行って土へ帰ることなど出来はしない
虫のように小さく干涸(ひから)びることも出来はしない
ヒトの肉体を持っている以上
食欲がなくなれば
ここで腐臭を放ち膨らみ
蛆(うじ)が湧き蠅(はえ)が飛ぶのだ
 
まだ食欲があります
何も感じなくなる前に
最後まで残る問いは
食欲と孤独と忍耐の三つであり
最も長い泡沫の管は食欲であり
最も腫れ上がる虚無の空洞は忍耐であり
耐えて意味なく萎(な)えて耐え難く
しかして最も大いなるものは孤独である
 
多くの悲劇の預言者において
恐らく一見そうであったように
一人の愚かな凡夫において
恐らく実際そうである
 
 
 
楽山の害毒メモ:
今までに表れてきたこと。これは、楽山に限らず、聖書においてキリストの敵となった宗教指導者や、世に数多いる偽善者の特徴でもあります。この世で最も迷惑な人の特徴です。楽山は無責任です。決して信用しないでください。
 
楽山は、1つのことを書いて、別の時には、それに反することを平気で書いてきます。そこで、反省、修正、というステップを書かず、あたかも最初から思っていたことのように書いてきます。自分に誤りを認めない自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)だからです。
 
人格:
自己愛が強く自己中である。
笑いと怒りしかなく、悲しみの情がない。
共感がなく、罪悪感がなく、反省しない。
自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)と思われる。
平気で嘘を吐く。様々な詭弁を弄して、柔和に見せかける。
深い情感がなく、共感性がない。相手が疲れるのを見て快感を得る。
後悔、反省、修正ができない。学習による成長がない。
罪悪感、羞恥心が見られない。サイコパスと思われる。
アドラー心理学の宣伝をしていた。自己中心である。
中身や実質のない形骸的精神機能しか持たない。
 
単細胞。
 
議論:
議論や交流が、表面的で、整わないし、できないし、元々する気もない。
相手の意見を受け取っていないので、反論、弁明が成り立っていない。
理路が常識的にも浅く、基本的に訂正不能である。理解力がない。
自分なりの堅実な理路を組み立てられない。
読書自慢。感想は平板で、独創性や深みがない。
様々な気取り。読書家気取り、評論家気取り、インテリ気取りなど。
分かっているという我執から離れられない。
非を指摘されると、逆に、こちらに当てはめて被害者面をする。
人を批判~誹謗中傷するが、その言葉で自分が斬られるブーメラン現象。
真面目に応答~議論すればするほど、病的な徒労感と疲労のみをもたらす。
ボンヤリ言語:語尾を濁し曖昧で婉曲的な言い方で、印象を刷り込もうとする。
トホホ言語:謙虚で弱いと思わせて悪意を隠すための嘘の芝居。
しばしば、自身への同意を期待して、見え透いた世辞を言う。
「反省。とほほ」などと書くが、不自然であり、前後で何も変わらないので嘘です。
騙して、言い分を詭弁や嘘で通そうとする、通っていると思い込む。
 
宗教:
反キリスト、反宗教。聖書およびキリスト信仰を、貶めてくる。
キリスト教とキリスト信仰を字面だけで云々し、理解していると思い込む。
HSを脱会したと言っているが、真実かどうか、疑わしい。
霊能者のつもりだが、それに見合う直観的洞察は皆無である。
 
楽山の書いた文章を、3年数か月のあいだ見てきた結果ですから、大きく変わることはないでしょう。これらについては、新しい情報によって、必要なら加筆し、繰り返し載せることになるでしょう。
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」
「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
 」
 
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
楽山には、反省力、責任感、思いやり、悲しみ、など、高等感情に属する心がありません。そう見せかける芝居を書いてきますが、実感が文章に表れたことがないのです。自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)で慢心しかないために、学習せず、育たなかったのだろうと思います。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ブログ記事をコピペすることあり)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 
 

 
  批判と悪口2
 
 
私は、カルト的な思想を、訂正不能に自己中に一方的に、批判を無視して、妄想的に書いてくる者たちを、以前はコメントで、その後は記事で、批判してきました。
 
彼らは、こちらの言うことを無視して、一方的に、自慢したり、おとしめたりしてくるだけです。はっきり言って、攻撃だけを目的とする記事やコメントには、罵り言葉だけで、汲み取るべき内容も根拠も全くないという特徴があります。
 
私などは、だいたい、結論だけのコメントには、記事で、結論だけだと指摘しますし、それに対して、正当な反論が来たためしがないのが、彼らの、カルト的、自己満足的、妄想的な、一方的主張であります。しかし、大方、訂正不能です。彼らは、真似だけで、本当の議論が出来ないのです。
 
誹謗中傷してくるだけの悪意と自己中の者の根っこには、自己愛性人格障害、などの、人格の病気の可能性があります。生まれて大人になるまでの、遺伝と成長の過程で、出来上がった人格が原因であるならば、医療によって治る可能性も、なかなか、期待できないのでしょう。
 
なお、私の批判記事一つだけを見れば、言い過ぎと思われるところがあるかもしれません。批判対象について、最初から批判だったわけではありません。
 
批判対象シャロームとの付き合いは、だまされて聖書の先生だと思っていた数年と、批判してきた約10年の経過があります。罪は悔い改めなくとも許されるから気にしなくていい、という、とんでもないことを言い出したことで、偽牧師だと判明しました。
 
批判対象の楽山については、数か月のつ遣り取りの後、批判対象となり、約3年以上の批判の経過があります。その流れで批判を書いているので、一つの記事だけで云々されるのは、的外れであります。
 
楽山は、否定を言い、肯定を言って、断定していないから、責任問題は生じない、という発言から、全く議論を理解していない幼稚な病的ナルシストぶりが明らかになっています。
 
いずれも、あるときから、とんでもない理不尽なことを書いていることに気づいて、批判が始まっています。元々知らない人であり、理解も、そして結局、批判も、気づきから始まります。最初から批判で始まるということはないのです。
 
彼ら自己中の者たち、楽山やシャロームは、自分は被害者です、酷い攻撃にさらされました、とか言って、記事を書いてきます。彼らは、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)そして精神病質サイコパスであるために、罪悪感がないのです。
 
さらに、あくどいのは、一度に、たくさんの記事を書いて、相手が批判して疲れるのを期待する場合もなります。このような企みから、病質者の、根深い病的な性根を見ることもあります。他者のことなど、何とも思っていないのです。その分、彼らの文章も、何の役にも立ちません。
 
 
私のスタンスとして、今では、基本的に、記事は、批判対象が病質者の場合には、反省や罪悪感に期待するのは不可能と思われるので、よりも、むしろ一般読者に向けて、彼らカルト的な宣伝サイトについて、警戒を呼びかけて、近づかないようにしてほしいという目的になっています。
 
彼らの文章は、うわべの言葉や見かけで、受け入れを誘ってくる丁寧語であり、そこに、嘘と詭弁を刷り込んで誘導してきます。関わるだけでも、無駄に疲労し、結局は、人格を破壊される恐れがあるので、こちらは、決して近づかないでください、というアピールをするのが目的になっています。
 
ただ、そういう主旨はもちろん、私の記事の理路についても、自己中で理解力のない批判対象によって無視されるでしょう。いつも、被害者面して、ときに、多量の嫌がらせの記事を書いてきます。しかし、批判と悪口を混同している彼らには、根拠が何もないのです。
 
批判も、罵詈雑言を使うことがあります。その理由は、相手が、全く批判を理解できず、受け取ってもいないからです。私の批判記事は、大方、読者が読むことを意識して書いていますが、加えて、厳しい言い方を批判対象に向けて書いています。辛辣な比喩表現などです。
 
もし批判対象が見ることがあれば、批判対象はお前だ、ということを明確にするために、罵詈雑言≒全否定を書いておく必要があります。このように、罵詈雑言は、根拠を十分に示したのち、コントロールしながら、使うことがあります。
 
相手が、一般的な議論など、全く成り立たない者である場合です。上の二人は、理路を、理解できず、組み立てられず、詭弁と嘘で引っ掛けて、印象を吹き込んできます。さらに、感性的享受ができないので共感が成り立ちません。月並みで平板な文章を書いてきます。正常人とは、全然、違うと思います。
 
 
繰り返しになりますが、私がこの記事を書く理由は、そのように、批判を受け取らず、無視して、好き勝手に書いてくるような者たちが、反論も弁明も出来ないのに、いろいろな事件をネタに、被害者面して、読者に安易に同情を誘うために、何か書いてくる可能性が危惧されるからです。
 
もっともらしい批評家気取りの筆致には、十分、注意してください。結論として、私が思うのは、悪口だけの言と、批判とは全く別だということです。私が批判してきた対象は、記事やコメントで、結論だけを繰り返して書いてくるような、不感不応のカルト的思想の異常人格なのです。
 
彼らの記事自体が、既に、回りくどい雑言と言ってよいような、無益で無意味で、こちらを疲労させるだけの、とても迷惑で、反社会につながるものだから、引き続き、批判対象になっています。
 
 
一般に、罵詈雑言だけの発言というのは、否定の結論だけを繰り返し言い張るだけのような、価値の無いものですから、そんなことのために、めげたり、最悪の場合、死を思ったりなんて、しないでほしいということです。
 
批判というのは、相手を否定する言葉だけでなく、相手の不正について根拠を示してゆくことです。場合によっては、和解が可能です。
悪口というのは、根拠もなく、相手をおとしめる言葉だけを書くことです。和解は不可能であることが殆どでしょう。
 
実質のある批判の中身があれば受け取り、必要があれば反論や弁明も出来るでしょうが、
実質のない悪口だけのコメントに対しては、気にしないでいられる気持ちの強さが必要です。
前者の批判に対して、後者の悪口だけを言ってくる者、サイコパスを疑います。
 
 
批判と悪口

批判と悪口
 
 
(2020年)
(2022年05月29日、再録+加筆)
 
 
 
  貝殻
 
小さすぎて
目立たない貝殻は
無視されがち
お隣りや
御近所の
大きな貝殻を
恋人たちが拾ってゆくのに
小さな貝殻は拾われることもない
同じように海のにおいや
海の響きと歴史と
虹色をもっているのに
 
ある夜
星の輝きの下で
月の光を浴びながら
小さな貝殻は
浜に残ることもまんざら悪いことではないと
すでに主はいない
動いて誰を驚かすわけでもない
小さな位置に
小さく月の光を映していた
 
夜明けて
人が集まるころ
小さな貝殻
波に押され
砂に埋もれ見えなくなった
人知れず命を宿したかのように
 
 
   メディア
 
テレビを見ながら
きらめくスポットライト、
歌声がつくる笑顔、
まぶしい衣装、
明るいショーに
笑っている自分と
部屋のすみで嘔吐している自分と
いつか耐えきれず
うずくまる
 
拍手はちぎれてゆく紙の音
笑いはがらがらと震え過ぎた紙の声
派手な衣装は次から次へと去ってゆく
この街も変わりましたねえ
深みのない視線で見渡せば
遠い山から吹いてくる風が神の声にも聞こえよう
人格の崩れゆくとき
悪意と作為を拒んだときから
愛は悪い夢の中で目覚め
流涎して悪い現に夢を見る
 
メディアの渦巻く
エリアをさまよい
マルチでなかった神経の先端から
悲鳴をあげる
泣いても届かず
叫んでも届かず
システムから飛び降りて
渦巻くメディアの上に
乗って振り回され
はじき飛ばされた果てに
「楽になりたいのです」と
いつしか古い
ブラウン管にうつっている
 
 
  きらいだ
 
何故そんなことを聞いた
「いやとんでもない僕なんか」
とでも言えば満足だったのか
少なくとも嫌な思いをせずにすんだんだ
そう、済んだことだった
些細なことだった
ずっと後になって
全く別のことで
もっと冷たい目と口が向けられるまでは
 
学生の頃、ずいぶん昔の話
悪意と作為には耐えられなかった
 
最初から用意されたような
答えを期待されて
質問されるのは
きらいだった
 
 
 
 サイコパスについて
 
人間は、やってはいけないこと、言ってはいけないこと、などについて、分別を持っているものです。人間に、そうさせているのは、良心です。良心によって、他者と共感することで、悪の道を避けるようになるのです。しかし、中には、良心を持たない者がいます。
 
生まれ育ったときに既にそうなっているのがサイコパスです。他にも、洗脳や、刷り込みや、偏った教育によって、マインドコントロールされて、後転的に良心を失うことがあります。後者は、良心を回復することが可能であるかもしれませんが、難治であることに変わりありません。
 
前から、何度も言っていることですが、人類の敵は、国家でも民族でも集団でもありません。人類の敵は、サイコパスです。
 
サイコパスは、人口の1~2%いると言われています。それが正しければ、日本には、100万~200万人のサイコパスがいることになります。1クラスに一人となると、少なくはないです。
 
サイコパスには、良心がなく、情緒面では、しんみりとした悲しみの情がありません。サイコパスには、笑いと怒りしかありません。そこからの嘲笑と憎しみ~怨念があります。議論中に、しばしば、笑う人や、あざ笑う人や、怒鳴って返してくる人には、注意が必要です。
 
サイコパスは、理屈を言うことがありますが、整った論理性を持ちません。自分を客観的に見ることが出来ないからです。偏向した屁理屈を言い張ることがあります。感受性については、理性的にも情緒的にも劣っています。自己の発想が、優位性の絶対となっているからです。
 
サイコパスは、反社会性人格障害と呼ばれますが、反社会性は、犯罪傾向が明らかになってから分かることです。サイコパスは、元々は、精神病質の訳で、人格的そして体質的な病態です。自己中心が特徴なので、広く自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害、NPD)と呼ぶべきだろうと思います。
 
サイコパス、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)は、人を相手にする職業についてはいけない人です。表面的には丁寧でも、付き合ってゆくうちに、疲労と破壊をもたらすでしょう。その段階で気づいても、なかなか手遅れなのです。体質ですから完全治癒は困難だと思います。
 
サイコパスは、思いやりがあるような言い方や態度を見せることがあります。それで要職についている場合もあるようです。しかし、それらは、見せかけの言葉や態度であって、付き合い続ければ、結局は、破壊的、自滅的な、経過と結果をもたらすでしょう。関わらないことが大事です。
 
前にも書きましたが、サイコパスは、単に、自慢好きや、怒りっぽい人、押しの強い人とは、違います。そういう見かけサイコパスの人は、のっぴきならない事態では、途端に、慌てるように、真面目になって、自省し、考えることが出来るからです。
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」
「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
 」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
 
楽山の書いてくる文章は、なんとなく正しいような気のしやすい文章ですが、よく読むと、根拠がないことや、嘘や、曖昧な言葉を個別のことに当てはめるとか、特殊な言葉を全体に当てはめるとかの、詭弁が含まれています。個人の安全のためには、相手にしないことだけが対策となります。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ブログ記事をコピペすることあり)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 
 

 
  無責任の楽山が批評?
 
 信者と批判者の対話(1)暴言と正義
 2022年05月06日
 幸福の科学とは何だろう?ブログ by 楽山
   を批判。
 
 
自分の弁明が出来ない楽山は、他者同士を争いを、批評する体(てい)で、もてあそんでいます。責任を負う気のない楽山は、議論と交流の相手として失格です。まだ悪夢が覚めないようで、評論家気取りでいるのは、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)という病気からです。
 
この記事は、当事者二人よりも、楽山はどうかという視点で書いています。他者の引用が多いですが、その批判対象の災いに、楽山がいちばん当てはまることを、楽山は気づかないようです。そのまま、楽山批判と受け取っても、大きく外れてはいません。
 
私の楽山批判というテーマに関係ない画像など、省略します。
 
 
*まえおき
ツイッター上で、初夏氏と月影氏のやりとりがあったので、その概要を記録しておきたいと思う。
双方のコメントは、「名前 コメント(日付)」という風にコピペしておく。ツイートの埋め込み、スクショなどの方法もあるが、初夏氏はツイートをすぐ削除するし、スクショは嫌がるので…。日付は煩雑さを避けるため、ツリーが変わる場合だけつけることにする。
さて、いよいよ事項から本題に入る。
 
楽山は、こちらの意見を受け取りません。なのに、議論したふうを装います。こういう人は、相手にしてはいけません。都合の悪いことは、スルーすると言って無視するのです。だから、議論の理路と文脈と流れが成立せず、読むんじゃなかったということになります。楽山を相手にしてはいけません。
 
 
*呼びかけ
まず初夏氏は、対話の呼びかけを繰り返していた。
(省略)
初夏氏は、ここでは「初夏→扉は開いてます」に変えている(初夏氏はこのように頻繁に名前を変える)。また初夏氏は、少し前から以下の主張を繰り返し提示している。
 
楽山は、恐らく、自由→楽山だけでなく、数えきれないHNを使っていると思います。シャロームshalom、易坊なども、仲間ですが、成りすましかもしれません。ヤフーブログ時代には、他にも、様々なHNが荒らしてきたことがありますが、楽山かもしれません。
 
 
*応答
上の呼びかけに、月影氏はこのように応じた。なかなかに手厳しいが、初夏氏のこれまでの言動を知る者にとっては当然の指摘ではある。
月影2nd
よく分からん御仁だね(呆)。私は名前を変えて来たキミとずっと直接対話して来ているぞ。自らブロックして隠に籠って持論垂れ流していたのは誰だ?
『私から距離を取り』
こう言う嘘を直ぐに吐くから皆から信用されないのだ。
私は自分の論が正義だなど言った事ないし思っても居ない。私の暴言とは?
午後8:19 ・ 2022年5月5日・Twitter for iPhone
 」
 
「ブロックして隠に籠って持論垂れ流」すのは、楽山が、ずっとやってきたことです。楽山とは、双方向が成り立ちません。楽山とは、対話になりません。楽山を相手にするのだけは、やめたほうがよいと思います。単方向の垂れ流し、批判に返しても、無根拠の、いちゃもん発作の機関銃です。
 
 
月影2nd
自らのツイートを消して自分の言葉に責任を持たない卑怯な行為はやめなさい。
質問にまともに答えなさい。
ちゃんと前に答えているだの、読み取れ無いだのと誤魔化す事もやめなさい。
対話相手に意思を伝える努力をしなさい。
批判と暴言の違いくらい理解しなさい。
加納氏の態度を見習いなさい。
 」
 
楽山は、こちらの批判に答えることが出来ません。また、ツイッターを非公開にしました。楽山は、嘘と詭弁と怨念しか持っておらず、理路が組み立てられないのです。つまり、楽山は、批判と、悪口の区別がつかないのです。こういう楽山に、他者を評価したり、他者に意見するという資格はないです。
 
 
月影2nd
これらは何も特別な事ではない。議論する上で普通の常識。
私は幸福の科学と幸福実現党、大川隆法氏が、外に向けて発している言動を扱って批判している。その言葉通りに受け止める。信者独特の解釈は一切しない。教義にも興味は無い。現実的問いに、宗教解釈で返答されても納得しない。理解したかね?
 」
 
楽山には「議論する上で普通の常識」がありません。否定を言い、肯定を言ったから、責任問題は発生しないなどという、信じられない詭弁を、平気で言ってきます。真理と心霊の区別もつかない人です。遣り取りのための言葉と心と、どちらもないので、嘘を吐き、詭弁を弄し、混乱させてくるのです。
 
 
*混迷
これ以降、わちゃわちゃがはじまる。
扉は開いてます
>私の暴言とは?
相変わらず文章が弱いですね。
①『卑怯者 ・・・中略・・・ いつもの様に反論出来ずに逃げを決め込む(呆)』といった類いの暴言と記しています。
②また、添付の画像にも書いています。
>私は自分の論が正義だなど言った事ないし思っても居ない。
 」
 
楽山は、衝動的に多数の記事を書いて来たことも、長いだけの記事を書くこともあります。それは、楽山が、自分はこんなに書けるんだ・・と自慢し、威嚇するようなものです。楽山には、節操がなく、何かを追求する気もありません。楽山は慢心して、出力だけですが、それは放尿のようなものです。
 
 
扉は開いてます
相変わらず文章が弱いですね。
アナタの中に何らかの「正義」があるので、延々と粘着するわけですよね。
③その「正義」を語って下さいとリクエストしています。
質問が難しくて、理解できない状態でしょうか?
 」
 
楽山は、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)の自己中なので、自我と我欲に、固定して執着しています。それを、ごまかすために、冷静を気取りますが、理路の破綻が、3年にわたって、バレてきたのです。それで、また、書いて公開するというのは、病質ゆえなのです。
 
 
扉は開いてます
月影さんへ
文章をしっかり読みましょう。
そして、しっかりと記しましょう。
 」
 
楽山は、文章をしっかり読めず、独りよがりで、勝手な偏見と解釈で、キリスト教を否定したり、部分肯定したりしてきました。このことから、楽山は、無反省、無責任、無理解、わがまま自己中であり、殆ど、子供のような意地しか持っていないと判断しています。
 
 
月影2nd
ダメだねキミ(哀)。
ね、自分が日本語を読み取れないって事を自覚出来ないね。私がキミに提示した条件を、全く理解出来ないとは。
自分の正義に酔ってるのはキミ。そもそも私は『正義』って言葉を信じてたのは小学生まで。この世に絶対の正義などない。と、私は思っているしね。大人になりなさい。
 」
 
つまり、楽山は、普通の「日本語を読み取れない」人です。それを「自覚できない」ために、書いただけで、自己満悦できるのでしょう。これは、人間として異常であり、論者として欠格であり、人間関係として不成立であります。
 
「絶対の正義」は、神のものであり、人には手に負えない者です。楽山は、今まで、相対=非絶対を、まわりくどく書いたつもりで、実際は、自己の絶対に固着してきました。まことに、楽山は、髭の生えた子供なのです。誰の助けにも参考にもならないと思います。
 
 
扉は開いてます
私は①②③を返答しています。
これに対するアナタの見解は?
 」
月影2nd
①この手のノラリクラリのやり口が卑怯と示している。暴言と解釈するのは勝手だが、私に暴言の認識は無い。キミを憐れんでは居るがね。
②それらもキミがお得意の他人の発言を切り貼りしているシロモノ。その中のどれが私のモノで何を言っている具体的に示してから質問しなさい。
 」
 
楽山はねちねち執拗で、それで、大量の記事を一度に書いてきたりしたのでしょう。「ノラリクラリのやり口が卑怯」で、多く、他者の発言を切り貼りすることで、ごまかしてきます。自分では、何も成立せず、何も書けず、何も出来ない人なのです。上っ面を舐めてご機嫌の楽山に関わらないでください。
 
 
月影2nd
③本当に読解力ないね(哀)。
私は絶対の正義などないと思っているので、私の中の正しさを、他者が正しいと受け止める事を求めない。大川隆法が正しいと思って、他人にそれを強要する君達とは倫理観が違うのだよ。
 」
 
楽山は、自我が絶対の正義になっています。ゆえに、いつも、上から教える、評論する、という態度で書いてきます。全体のベースが自己愛前提なので、楽山の書くことは、成り立ったことがありません。それで、インテリ気取りで無責任に書いて自己満足するネットに巣食っているのでしょう。
 
 
月影2nd
キミは話をすり替えていくので、以降は私の示すテーマにのみ質疑応答します。それ以外は無視するからね。幼稚な話に付き合いきれん(滅)。
大川隆法氏の霊言が社会的に認められる方法。
大川隆法氏が神である証明。
キミの具体的で現実的な回答を期待します。
 」
扉は開いてます
>キミは話をすり替えていくので、以降は私の示すテーマにのみ質疑応答します。
オイオイ、それは話しのすり替え過ぎでしょ。いくら何でも、それはムチャ過ぎますよ。
私は①②③を返答しています。 これに対するアナタの見解は?
扉は開いてます
特に、③アナタの「正義」は何ですか?
私は始めから、これをお聞きし続けていますが、まだ、お答え頂いておりません。
扉は開いてます
絶対の正義ではなく、アナタの「正義」を問うているのですよ。
 」
 
楽山は、何事につけ、暫定的な結論さえ持ちません。責任を負いたくないのです。楽山にとって、言論は、真実の追求ではなく、ニヒルのオモチャに過ぎません。誰とも、対話が成り立たないのが、楽山です。丁寧で常識を装って書いてくる楽山の言説を、どうか、真に受けないでください。
 
 
*論点整理
以上が、今回のやりとりの概要だが、次に個人的な感想を述べてみたい。
まずここでの論点は、このようなものであるらしい。
①「卑怯者」と暴言を吐かれた!
②神仏を冒涜、風刺、嘲笑するのはけしからん!(添付画像)
③月影氏の正義とは?
 
楽山は「卑怯者」です。「冒涜、風刺、嘲笑」によって、神を、紙くずのように扱うのも楽山です。悪い言葉が、たいてい、楽山に当てはまるのは、なぜでしょう。楽山には正義がなく、正義につながる素材もなく、正義を求める心もないからだと思います。
 
 
*暴言と批判
①については、双方の言葉を比べるとこうなる。
初夏氏
「アナタはいつも、私から距離を取り『卑怯者 ・・・中略・・・ いつもの様に反論出来ずに逃げを決め込む(呆)』といった類いの暴言を吐いて来ました。」
月影氏
「自らのツイートを消して自分の言葉に責任を持たない卑怯な行為はやめなさい。~省略~ 批判と暴言の違いくらい理解しなさい。」
 
楽山は、ツイートを非公開にして「自分の言葉に責任を持たない」で、好きなように言いたいのでしょうが、それは「卑怯」者の所業です。そういう「卑怯」さは、前からでしたから、特に、驚くこともないですが、破綻百出で、なお、平気でいることが、恐ろしい病質なのです。
 
 
月影氏は、初夏氏が自らの言葉に責任をもたず、すぐツイートを消してしまうことを卑怯としている。つまり、きちんと根拠を示した上で、卑怯な振る舞いを批判している。
根拠のない乱暴な決めつけであれば「暴言」だろうが、相応の根拠があり、大方から同意を得られるだろう評価による発言を「暴言」とするのはむちゃである。というか、ツイートを消して逃げることを「卑怯」と言わずして、なんと表現したらいいのだろうか?
一方、初夏氏はどうかといえば、都合が悪くなれば自ツイートを消して逃げることを繰り返してきたことは伏せて、自らには何らの落ち度もないのに、「卑怯者」呼ばわりされたかのように書いている。これはズルい。
 
楽山について言えば、「乱暴なな決めつけ」で「暴言」と同等であり、それが、常態となり、日常となり、人生となっている人です。楽山はどうかと言えば、スルーすると言って無視しながら、私のサイトに書き込んで文句を言いたいようでした。とんでもないことです。
 
楽山との遣り取りは3年前に、多大な疲労を残して終わっています。何を言っても無駄・・ということを、遣り取りのリアルタイムで味わい続けていたら、こちらの人格が破壊されてしまいます。楽山が、理路を混乱させる悪性の変質者だからです。
 
 
*冒涜、風刺、嘲笑?
添付画像(省略)をみると、アンチ諸氏は神を冒涜している云々と書いてある。信者である初夏氏にとっては、〈大川隆法=神〉であろうから、大川隆法を批判することは、神を冒涜する行為になるのだろう。
でもこれはあくまで信者の論理にすぎない。もし大川隆法を批判することは、神を冒涜することであるというなら、まずは〈大川隆法=神〉であることを証明しなくてはならない。これをせずして、信者の論理を他者に当てはめようとしても無理である。
また月影氏は、HS批判はしても、風刺、嘲笑はしていないのではあるまいか。とりあえず自分にはそういう印象はないので、月影氏に風刺画がどうこう言っても見当違いと思う。
 
画像のセリフを書いておきます。
「人が最も残虐になる時は『悪に染まった』ときではない!!」
「真偽どうあれ、『正義の側に立った』と思ったとき」
なかなか、深い逆説だと思います。楽山の丁寧語の偽善に当てはまると思います。
信仰者である私は、自分を、正義の側にいるとは思いません、思えません。
 
既に取りざたされているORよりも、いまだ、目立たず、無名で、こそこそと、餌をあさるネズミのように、あちこちに向かって、自己愛・自己中から発信して、教えようとして、意見を言って、責任だけは負わない楽山のほうが、悪性度は高いと思っています。
 
 
*正義
 正義については、よく使われる画像にこういうものがある。(画像省略)
正義という快楽
月影氏はその発言からすると、正義についてこのような考えをもってそうである。
とすれば、月影氏に「正義を語れ!」というのは、トンチンカンにもホドがあるということになる。正義は主張すべきでないと考える人に、正義を主張せよと言っても仕方がないではないか。
初夏氏は、お手軽に正義を語るけれども、本来、正義とはそう簡単なものではない。この問題についてはもっとよく考えてみることをおすすめしたいと思う。
 
正義は「主張すべきでない」のではなく、人間は不完全だから、絶対の正義になることはないし、絶対の正義かどうかの判断そのものが出来ないと思います。誰も、自分の発言の影響を、果てまで追うことも、捉えることも出来ないのです。超常に舞い上がる楽山のようになってはいけません。
 
楽山の正義は、今までのことから、賛成でも反対でもなく、結論を出さないことになるようです。しかし、絶対でなくても、一定の正義を持っていない楽山は、それで、嘘を吐き、詭弁を弄し、人をだましてきたのです。暫定的な結論さえ、まとまらない楽山は、信頼性を失ってゆくでしょう。
 
楽山には、見解の芯がありません。楽山と付き合うと、そういう無為という人間失格~喪失の世界に住むことになります。それで平気なのです。いい加減が正しいと思っているのです。そのような人は、どこに行っても来ても、何の役にも立たないし、何の参考にもならないのです。
 
 
何処を向いても偽善の汁が出る

何処を向いても偽善の汁が出る
 
 
(2022年05月08日)
 
 
 
  ペンペン草
 
思い出すことは多いけれど
思い出と呼べるものがあっただろうか
思い出と、思い出し
しずくと、したたり
したたる果汁と
しぼり出す果汁
果汁を思う
思いは重い
物思い
果汁の味
果実の香り
草花の匂い
色、形
いつだったか
ペンペン草
生えていた
どこまで実際
どこまで想像だろう
危うい危うい
人の顔、その輪郭も
形も色も
印象ほどには
はっきりしないのに
覚えていると思っている
ぼんやりとでもいい
命ある間に綴ろうと
思い出のペンペン草、残りの
ペンが乏しく生える
 
 
  まずい味噌汁のんで
 
足元をすくわれたと思って
ポンと辞表を置いて
「くそくらえ」とでも言ってから
帰ってきた腐った脳みその
脳だけ置き忘れてきたので
俺の椅子に誰かがすわり
俺の机に知らない本が積まれ
ガヤガヤと会話が音になり始める
今朝を日常だと思ってしまう
 
 
  荒療治
 
ダニか他の虫刺されか
赤いブツブツ
かゆいけれど
かけば汁が出てひろがる
悪いものはたいていそうだ
毒には毒をと
タバコの火、近づけて
熱さが、痒みから痛みへ
一、二秒がまんして
軟膏を塗る
この荒療治は、しばしば
やり過ぎて水疱をつくる
破って中の液を
ティッシュで吸い取り
また軟膏を塗る
何カ所かやって
ひとつだけ治らない
絆創膏でかぶれて
ますます赤くなって痒い
悪いものはたいていそうだ
またタバコであぶったり
ちり紙でゴシゴシこすったり
手持ちのあらゆる軟膏を塗ったのち
愚かなことをしたと気づく
愚かなものはたいていそうだ
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」
「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
 」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
 
既に、悪行の破綻する末期が来ているのに、気づかないというのは、災いです。無意味な大量の投稿も、非公開も、他者の引用も、新しいことではなく、卑怯な病質の表れなのですが、楽山の因業でしょうか、全く気づかずに、まともに書いているつもりなのです。
 
 
 
 楽山のブログにコメントが付き、楽山がレスしています。
1. 月影2nd2022年05月06日 21:13
纏めて頂き恐縮です。
私のコメントには誤字脱字やらおかしな文章もあろうかと思いますが、気にしないで下さいませ(笑)。
リプを早くしろと煽られてたし、楽しい休日の夜、映画を観ながらだったので集中力も多少欠けてましたので。
但し、私の主張と発言の内容は、訂正も修正もするつもりは有りません。
楽山さんのブログを読まれる方にどう受け止められるか分かりませんが、幸福の科学を信奉する信者の全てが彼(対話相手)の様な人ではないのは承知しております。
あくまで私が批判し解答を求めているのは、幸福の科学と大川隆法氏であり、その言動です。教義の中身にはそもそも興味が有りませんので、批判は致しません。
長々と失礼致しました。
 」
 
2. 楽山2022年05月06日 21:49
丁寧なコメント、ありがとうございます!
私の方からも、幸福の科学の信者だからといって、みながこんな風ではないことを重ねて書いておきたいと思います。私が直接知っている信者さんは、大概が善意の人たちであるし、ツイッター上でも、きちんとした信者さんはおられます。心の教を学び、人格を磨いていたり、勉強家だったり、思い込みではなく、きちんとした事実認識に基づく発言を心がけていたりなど。
私は幸福の科学を批判することが多いのですが、ここはハッキリ書いておきます。
 
楽山のほうは、世辞と思いやり芝居が並んでいます。「大概が善意の人たち」と言っていますがアンチではなかったのでしょうか。「心の教を学」んでいない楽山です。「人格を磨いて」いない楽山です。「勉強家」ではなく都合のよい字面を漁っている楽山です。「事実認識」のない恣意の楽山です。
 
このように、かなりのインテリでも、楽山にだまされて、信頼してしまうと、ゆくゆく、人格破壊につながりそうなほどの混乱と疲労をもたらされる危険があります。楽山は、世辞と嘘の丁寧語で、すり寄って、どっちつかずの、いい加減さで世渡りをしている評論家気取りです。
 
楽山は、いわゆる偽善者なのです。3年余り批判しています。自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)だと思います。無反省、無責任、訂正不能で、好意的な言葉は全て嘘です。不祥事を全て他者のせいにします。最近になってツイッターを非公開にするのは、何か秘密がある証拠です。
 
楽山は、ネトウヨでもありますが、相手を振り回して快感を得たいのだろうと思います。霊能妄想があり、教祖願望があると思います。アンチであれば、信者については、「善意」云々だけでなく、基本的な曲解の信じ込みを言うはずだと思います。楽山には主張の軸はないのです。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ブログ記事をコピペすることあり)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 
 

 
  嘘と偽物づくりの楽山
 
 『精霊の息吹を受けて 溝部司教説教集』溝部脩著
 2022年05月04日 楽山日記(LD)
 
 
知ってるつもりの楽山は、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)であり、文脈を追うことも、心を受け取ることも出来ない人です。自分を、学者や評論家並みに分かっている人と見せるためだけに、記事を書き、かつ、自らの不全の文脈で、欺こうとする者であります。
 
既に、3年あまり批判してきましたが、楽山は、いちゃもんを繰り返すだけで、何も、真っ当な返しは出来なかったのです。この前は、一度に、衝動的とも思えるような多量の記事を書いてきましたが、こんなに書けると自慢したいか、断片の寄せ集めで、混乱させようとするだけでした。
 
 
*二冊目
『聖霊の息吹を受けて』読了。司教の説教集を読んだのは、これで二冊目だけども、今回もとても勉強になった。感謝。
以下に、特に心に残った部分についてメモしておきたい。
*キリシタン
まず一つはキリシタンの歴史である。本書ではイエズス会とフランシスコ会の考え方の違いが説明されており、さらにそれが殉教にどう影響したかも触れられている。
自分のような外部の人間には、キリシタンはキリシタンであって、その中の考え方の違いは分かりにくいのだが、本書の説明を読んでおぼろげながらも理解できたように思う。
 
「おぼろげな」理解で、キリスト教と信仰を否定し、あざ笑ってきたのが、楽山です。自己愛は、サイコパスの、もう一つの特徴でもあります。楽山の文章においては、切実さは皆無であり、評論家口調がわざとらしいだけです。
 
楽山が「おぼろげながら」と書いているのは、以前から、楽山の、人間性を失った心と頭のことであり、理解につながるヒントさえも受け取っていないことを表します。つまり「理解できたように思う」が大嘘であることだけが表れています。
 
楽山は、心が無く、理路も拙劣であるため、感想を書いても、感じたことの中身を表すことが出来ません。とても、軽薄な褒め言葉とともに、「理解できた」などというのは、吐き気ものです。罪悪感のないサイコパスならではの所業であります。
 
 
*尊さ
もう一つは、「助祭叙階式説教」である。ここでは助祭としての心構えが説かれているのだが、これを読むと自分が叙階されるわけでもないのに、なぜか背筋を伸ばさないではいられない心持ちがした。また助祭を心から尊敬したくもなる。このような決意をしている助祭は尊く、まさしく聖職者だと。
 
「助祭叙階式説教」などと書いて難しいことも理解できる自分を出していますが、気持の悪いべた褒めです。「背筋を伸ばさないではいられない心持ち」・・楽山の背筋は、伸びたことは一度もないと思います。楽山の精神は、自己愛によって、捻じれ曲がって、収拾がつきません。
 
冗談半分に揶揄してくるだけで、嘘と世辞によって繕っても、もはや、本性が駄々漏れして、白々しいだけの見苦しさとなっています。どこまでも自我礼賛を続けて、結果は、逆に自己崩壊を招いている楽山に、誰も関わらないように願って止みません。楽山には、保身以外、まるで真剣味がありません。
 
楽山の、既に今までに、あらわとなってきた世辞と嘘と詭弁によって、読書しても何も理解できていないのが表れ続けるだけなのです。「まさしく聖職者」などと、聖職者も信仰者も、楽山が評価して云々する資格など、どこにも、ないのです。病質のために、自分の醜さに気づかないのです。
 
 
*祈り
三つ目は祈りについてである。キリスト教には、よく祈るイメージがあるが、こういう文章を読むと、その理由が分かる気がする。
自分の一番大切なものを、人のために、苦しんでいる人のために捧げようとする、この大きな愛、これが神様の愛なのです。その愛が分からなければ、その愛に到達しなければ、救いはないのです。
(『精霊の息吹を受けて 溝部司教説教集』溝部脩著、サンパウロ、2005年、p.232)
 」
 
理由が分かるなら、正直に祈るはずで、ゆえに、嘘や詭弁を止めるはずですが、それが出来ないことによって、この言も嘘だと分かる、・・・ということが、楽山にだけは、分からないようです。どこまでも、醜い自分を表しては、人間として、さらに、どん底へ格落ちしてゆく楽山です。
 
 
私たちの中に働き、私たちを力づけ、活気づけてくれる、神の霊があって初めて人のために生きる愛ということに目覚めてきます。
(同上、p.232)
 」
 
楽山の中に働いて力づけているなら、活気づいて、自らを改めるはずです。神の霊が働いているなら、愛に目覚めてくるはずです。これこそが、楽山に、一貫して、全く見られないものです。代わりに、良心とは逆方向の嘘を吐く楽山は、人間としての存在が、なくなりつつあるのかもしれません。
 
 
「イエス・キリストの恵み」、それは愛することを学ぶ、「愛する生き方をする」、それができるために、聖霊の助けを求める、これです。
(同上、p.233)
 」
 
美辞麗句を並べておけばええじゃろ・・という楽山の根性で、今までと同じように他者の意見を並べることが、逆に、いかにも醜く、わざとらしく、腐った精神の、末路の惨状を表しています。「これです」を引用して、分かりましたと、そっぽを向いて笑っている楽山のイメージです。
 
 
私の心の傷を担い、取り去ってくださるのは、主だけです。罪とは自分の力でそれを何とかしようとする、これが不信仰であり、罪なのです。
(同上、p.168)
 」
 
楽山は、自己愛性人格障害によって、罪悪感が麻痺しているので、罪に気づかず、原始感情の笑いと怒りの低い泥流に身をゆだねて、自分の力で何とかなる人生を選び、かつ、実際は、全ての局面で失敗してきたであろうことが、推察されます。自我を張れば張るほど、どんどん醜さが増してゆきます。
 
 
キリストの生涯と十字架の意味を知り、信じるには聖霊の助けがあり、自分で自分を救おう、救えるというのは思い上がりだということなのだろうか。こういう考え方なら、よく祈る理由も合点が行くというものである。
 
「自分で自分を救おう、救えるというのは思い上がり」・・こういう短い文章だけで「祈る理由も合点が行く」と言うところに、簡単に分かったことにする軽薄さや浅ましさが表れることを学んでこなかったのでしょう。言葉を飾って言い得たと慢心するに至っては、人格崩壊の最悪のモデルなのです。
 
 
一方、自分はどうかといえば、「自分を救えるのは自分だけである」「心だに誠の道にかなひなば 祈らずとても神や守らん」という考え方が心に染み付いていたせいか他力信仰は間違いだと思っていたのだが、どうも最近は自分には宗教の初歩的な戒律さえも全然守れないことが分かってきたせいか、上のような考えの方に理あると感ずるようになってきている。我ながら変われば変わるものだと思う。
 
言葉だけ繕っても、その言葉遣いと文脈に、何も変わっていないことは表れてきます。人間の言葉も追求すれば深いということを、楽山は知らないのです。だから、平気で、慢心して、自分が改まったかのような嘘を吐くことこそが、言葉の発達不全であり、「理ある」ではなく、無理だとバレるのです。
 
 
今までの成り行きを、ことごとく無視して、平気で、わざとらしい文章を書いてくるのが、罪悪感のないサイコパスの特徴でしょう。言葉を繕っても、嘘で飾っても、無駄なのです。恥知らずに書いても、書けば書くほど、表れてくるのは、凄まじい厚顔無恥の極みでしかありません。
 
 
嘘吐きの成れの果て

嘘吐きの成れの果て
 
 
(2022年05月06日)
 
 
 
  きっと恥
 
引きつって声にもならず
みすぼらしい人格を残したまま
端から端へ滑って転んで
探し物でもしてるふり
山に入るか川に潜るか
きっと答えは街の中
こだまして泣いてこぶだらけ
 
 
  衰弱
 
ともすれば若い信仰は
すべての罪を自殺者に帰して
先へ先へと進んでしまいそうだった
そして微笑と嚥下を繰り返し
貧しい信仰を秤にのせては
終末のように硬直して見せる癖があった
 
 人ハ信仰ニヨッテ救ワレ
 神ノ義ヲ得ルコトガデキル
 神ニヨル束縛ハスベテカラノ自由ダ
 信仰ガアレバドンナ苦シミニモ耐エラレル
 加害者デアルコトノ苦シミニモ耐エラレルノカ
 
さて年月が流れ
求めたものが得られぬ代わりに
無意味な駄弁や
股の間の黙考が果てしなく続いた
 
 人ハ生キルコトガ許サレテイル
 人ハ生キルコトガ望マレテイル
 人ハドノヨウニシテ神ノ愛ヲ知ルノダロウ
 私ハ伝エルベキ
 何ヲ受ケタノカ
 
ともすれば
もう若くない
弱い信仰はときに
すべての罪を生けるものに帰して
闇へ闇へと
退いてしまいたくなることがあった
そして羞恥と嘔吐を繰り返し
自分の信仰を秤にのせては
いともたやすく転げ落ちてしまう習いであった
 
 神ノ立場デ物ヲ言ウナ
 
 
 
  祈り(抜粋)
 
父なる神よ
私はここにいます
あなたに恥ずかしく
隠れようとして隠せず
あきらめようとしても未だ救いを求めているのです
一体どこで
いつ私は裁かれるでしょう
いつ私は召されるでしょう
恐れる心を隠せないのです
隠す知恵もなく
隠してもあなたは見通されるからです
父なる神よ
いつまで待てばいいのでしょうか
何か私にできることがあるのでしょうか
あなたがお望みなら
それが御心ならば
私のこの世の欲に構うことなく
私の苦しみに構うことなく
御心を成就させてください
私がどんなにあがいても抗っても
すべてが御心のままになることを知っています
すべてが御心のままになることを教えてください
いつ死んでもよく
いつ生きてもよいと
私が言えますように
そして行なえますように
私の恐れを取り去ってください
私という矛盾があなたの手の中にありますように
主の御名によって祈ります。アーメン。
 
 
  礼状
   「暗いのが多いんです」
   「じゃ、あたしも暗いのかな」
    と笑ってくれたある人に
 
一刹那、むき出しの
答えようのない問いに似た
恥ずかしいものを見せられて
よりかかるように、慰めの
ありもしない保証を求められたようだと
尊厳の海の中で
揺らめいていた陽光から
緩やかな海流を貫いた閃光が
冷たく結晶化した鋭い尖端で
よりかかりを切ろうとするのだが
それよりも早く
海の摂理は速やかに
剣先を包み込んで鎮め
切るまでもないと差し伸べられた光が
恥ずかしくない程度に
身を低みに下ろして
少しばかりピエロを演じて下さいました
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」
「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
 」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
 
約3年数か月の、楽山の厚顔無恥の履歴によって、楽山との和解の可能性は、既に、存在しません。飾った言葉遣いと文脈に、白々しさが溢れてくるようになっています。身を引いて、正直になるしかないのですが、楽山は、それだけはしないでしょう。したと言っても、発言の信頼度はゼロです。
 
 
 ※
 
楽山はツイートを非公開にしたようです。これで、秘密がある、ということが分かります。どんなに体よく書いても、結局、陰湿な闇にしか生きられないのが、楽山の本性だったと分かるわけです。まだ、暗躍するつもりのようです。決して関わらないでください。秘密裏になれば、さらに危険です。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ブログ記事をコピペすることあり)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 ???
 
ブログ村ランキング
 
 
 

 
 
 

 
  病質者対策2
 
 
凶悪カルト・サイコパス・病質者とは、具体的には、言うまでもなく、3年批判している楽山と、10年批判してきたシャロームshalom のような自己愛性人格障害者のことです。罪悪感がなく、いつも、社交の世辞であしらいながら、実際はバカにして、心で笑い、舐めている人です。
 
罪悪感がないために罪の意識がなく、悔いるという高等感情もなく、反省もせず、他者に優っているという慢心だけで、いつも自分が正しくて、まともだという捏造の立ち位置から、実際には、ねじ曲がった理屈と、平気で嘘を吐く習性をもって、壊れた理路の迷惑物質を投げてくるのが、楽山です。
 
恐らく、一生、治らないのでしょう。ということは、話し合う余地がないということです。つまり、楽山と話し合おうなどと思ってはいけない。楽山から何も受け取ってはいけない。楽山の言うことを何かの参考にしてもいけない。楽山の投げかける言は、楽山の仕掛ける罠(わな)です。
 
最初から、楽山は、惑わすために、あるいは、優越感と自己顕示欲のために、言い逃れのために、書いているだけだということを意識して、関わってきたら、追い返すか、逃げるしかないのです。世辞コメントなど書くと、楽山の思うつぼです。
 
他には、批判する気のある人の場合、楽山の書いていることの、卑怯な言い換えや、作為的な言葉と理路の選択や、常識に見せかけた一面的な視野狭窄の言を、決して真に受けることなく、一つ一つ指摘して、資料として警鐘とすることだけが、楽山という自己愛性人格障害者に対して出来ることだと思います。
 
楽山は不治の病と言ってもいいような欠損した人格ですから、はっきり言って、人間だと思ってはいけません。和解の余地を残してはいけません。今まで楽山が書いてきたことから、楽山には良心がありません。思いやり、共感、羞恥心がありません。平気で嘘を吐きます。
 
楽山は、人のために役に立つヒントになることを書こうなどとは、毛ほども思っていません。ただただ、インテリ気取りで、客観を装い、煙に巻くような婉曲的な言い方で言い逃れを向けてくるだけです。楽山の文章に主旨はありません。企みだけがあります。真面目に見せかけているのです。
 
ゆえに、楽山の文章を読むときには、症例を見ている、場合によっては、症状を記録するという姿勢が必要で、先ず、楽山の主旨を読み取ろうとすることだけはやめないと、病原からの疲労の罠に嵌ります。楽山に、主旨はありません。否定を書いて、肯定を書いて、責任を負いません。
 
批判においては、楽山の文章から、言い逃れの詭弁の細工や、意味の違う方向への言い換えで、ごまかしてくるところを、できるだけ見逃さず、指摘し、批判し、資料とするためだけに記録することに専念するべきであります。楽山を出禁にしてください。批判するなら記事に書くことです。
 
共感性のない楽山との、分かち合いや交流は、決してありえないことなのです。楽山について書く場合は、そのことを最初に弁えることが、自己愛性人格障害の害毒から身を守る唯一の方法であります。出入り禁止として、批判記事を書き、楽山の無法を知らせるやり方しかありません。
 
そして、それが、自己愛性人格障害者、病的ナルシスト、精神病質サイコパスに出会ったときの、心構えでもあります。楽山は、まともな人間ではありません。ふつうに付き合ってはいけない、資料にするしかないヒトなのです。そういう非人間は、多くはないが、いるということです。
 
楽山は、宗教、特に、キリスト教に、いちゃもんをつけて、神を否定してきましたが、その責任を負わず、批判にも答えず、スルーすると言って無視する卑怯者であることに加えて、宗教を否定しても、それに代わる救いや助けになるものを、何一つ提示する洞察力も共感力もない人です。
 
この自己顕示欲と自己愛だけで出来ている楽山のような病質者だけは、決して信頼しないでほしいです。中身の無さを、丁寧語で体裁を整えて、中庸芝居でで中立の人物を装う、これが、楽山の生き方・書き方・筆致なのです。
 
ちょっと注意して読めば、楽山が、誰でも言いそうなことを書いたから誰でも共感してもらえるじゃろ、という予定調和を書いているに過ぎないことが分かります。真実の追求とは、かけ離れた狙いで、ありきたりのことを並べて、好意を装うペテン師だからです。
 
 
楽山のキーワードとしては、無反省・無理解・無責任・無神経・嘘吐き・詭弁・偽善者、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)、病的ナルシスト・罪悪感と良心の欠如・自己中心、高等感情鈍麻、反キリスト・反宗教、などを使っています。
 
 
悪は笑い、善は悲しむ、それが、この世です。ゆえに、悲哀が、最も高等な感情は、悲哀です。ゆえに、今悲しむ者は幸いなり(マタイ5:4)。
 
良心は、地上の悲しみを知っています。悪魔性は、地上の悲しみを知らず、感じず、笑いと快楽を求め、うまくいかないと怒り、怨念を燃やします。
 
笑いと怒りは感じても、悲しみを感じられない人格があります。それが、反社会性を内在する自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)、そして、精神病質サイコパスなのです。だから、いい気になるだけで、実際には、謙虚さが皆無なのです。
 
 
評価もなしに木に登るのか

評価もなしに木に登るのか
 
 
(2021年04月25日)
(2022年05月03日、再録+加筆)
 
 
 
  思い出
 
つくられなかった
思い出が去ってゆく
いつのまに しのびより
どのあたりを過ぎていったのか
遠くでこだまする気配さえする
 
いつどこで
つくられなかったのか
ほんのちょっと
注ぐものがあったら
なつかしさに
なれたかもしれない
 
思い出のない
思い出
偽り
つくりもの
思い込み
勘違いの
シーン
 
風景が揺れる
ふっと遠くなる気を
うろたえて
身震いのように首を振って
懷にしまう
 
思い出にふるさとはない
空の下、山と森と道と草木
知らない人たちの生きる姿
小さな生き物
それで十分だと
思い出されることもなく
 
振り返れば
いつもの家並み
隠された思い出の並びから
子供が飛び出してくる
犬が走っていく
蹴られていない小石
転がっていく
 
 
  森の虚像
 
美しい言葉 編んで
秋の森の木漏れ日の
落ち葉の中に佇んでいたかった
 
落ち葉を拾い
投げ捨てて
空を見上げる足元の
無数の陰に阻まれ
飛ばせない光の墓地
湿った森に伏して
枯れ葉を叩きながら
こめかみの動脈の
拍動を引きちぎるような
支離を閉じている
 
形あるものの
運命の崩れ
形なきものの
逆説の汚れ
そこにある
神の賜物たちの
ひとつひとつにこめられた
虚像と実像
まっすぐ立った虚像は
かすんでつかみようもなく
はっきり見える実像は
何もかも裏返しだ
 
不確定と確率と
不信が
本質になる世界で
まだ描いている
ほんの戯れではなく
ただ偽りを解きたくて
 
 
  偽物
 
真実を悟っていると少しでも思うときには
たとえば信仰について
いちばん信じていることに
自ら偽物の称号を与えてごらんなさい
少しはへりくだった気持ちになれるでしょう
少しは自ら信じることに嘘がないか
内省してみる気持ちになれるでしょう
それを謙虚と呼びたいのです

人は人が知るべき真実に
近づき触れる機会を与えられていながら
見かけの美しい言葉で飾らなければ
理屈で辻褄を合わせ思いで納得しなければ
真実として人前に出せないような気がして
どこにも響かない空気の流れや
派手な排泄物にしてしまうのです
 
 
  潰瘍
 
手遅れの落花に目盛りを誤り
紙コップにビール注がれ
潰瘍の胃袋炭酸の重みに耐えず
発酵の流れ歯石のうちに語る
葉桜の下疝痛に舞え
充血の嘔吐の結膜
石鹸の剥離を繰り返し
乱脈の破砕の終末
タイル張りの手首を引き
酔い痴れて薄墨の彗星を探し
とても希薄な泡沫に帰すと
 
 
  はね
 
しずく はらい
あめの ぬくみ はねて
かえろう いまいちど
ひざかりの つみくさの
のはらの ゆめ まどろみ
あしたの つゆに あずけて
にたものどうしの わかれみち
はおと なく しののめに
とびたつのは ぬれて
ただひとひらの はね
ふきすさぶ くもの まつ
いつも ひとつの そらへ
 
 
 
 楽山のツイッターですが
 
★こも/楽山日記3
@komo266
×徳あるものた上に立つ徳治制が望ましい
●徳ある者が上に立つ徳治制が望ましい
午後0:41 · 2022年5月2日
 
徳のない楽山が、言葉だけ、訂正か、指摘を、書いています。正直さがない。反省しない。責任負わない。自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)のための自己中から来ています。つまり、自己満悦のために記事を書くので、学習と成長も見られません。楽山は、不変の厚顔無恥であります。
 
 
★こも/楽山日記3
@komo266
ざっくりまとめると、大川隆法総裁は自分こそが宗教的にも政治的にもトップに立つべきだと考えていたことがうかがえます。
自身が選挙に出たときも、国会を幸福党でしめて憲法改正し、大統領になる気満々だったでしょう。
初夏氏はそんなことはないといいたいらしいが、それは無理かと…。
午後0:39 · 2022年5月2日
 
ということを言う楽山は、自分がトップに立つべきだという教祖願望を表しているのです。そのための評論家気取りです。何かを書けば、自己愛からの尊大な自己満足・自己満悦が、そして、自己愛からの誇大妄想が、噴き出して、漏れて、表れてくるのです。楽山は、不変の厚顔無恥であります。
 
楽山には、まともな秩序の意識を持っていません。だから、憲法改正にも、独裁にも、賛成するでしょう。いちばん、大統領や、王様に、なりたがっているのは、楽山であります。その夢想が誇大妄想として固定しているので、隠したつもりでも、丁寧語とは裏腹に、不変の厚顔無恥を表してしまうのです。
 
 
★こも/楽山日記3
@komo266
ところで、私の理解では、大川隆法総裁の主張はこうです。
・自分は地球における最高の権限を持っている
・自分の言葉が法となり、善悪を定める
・民主主義は衆愚政に陥る危険あり
・徳あるものた上に立つ徳治制が望ましい
・神近き者が上に立つのが天上界の秩序
・祭政一致であるべき
午後0:32 · 2022年5月2日
 
楽山は、自分が一番上だという誇大妄想を持っています。だから、いつも、上から見下ろす発言になります。指導者気取りです。楽山は、おびただしい言葉の破綻を見せておきながら、善悪を定めたいようです。他者のことを、とやかく言う資格は全くないのが、楽山です。
 
民主主義を憎んでいるのも楽山であり、ネトウヨとして、A級戦犯を讃える記事を書いています。楽山は、放置すれば、人々を詭弁で誘導して、衆愚へと誘導します。あらゆる徳に背いているのが、楽山です。神近き?楽山という自覚でしょうか、むしろ、我は神なり・・でしょう。。
 
楽山は、結局、王様気取りであり、その根拠が、自らの、霊が分かるっぽい?体験と、心霊大好き趣味なので、小学生並みの知恵で辻褄を合わせで記事を書いて悦に入るのです。楽山は、人間としての罪悪感も羞恥心も持たないので、サイコパスの性質が、書くことに表れてくるのです。
 
楽山とは、決して、議論や交流をしてはいけません。楽山は、論理?めいた迷路を用意しています。そして、気に入らないとテーマの実質から外してゆく人です。楽山の害を避けるには、出禁しかないのです。私はそうしています。楽山の思想は、ずっと詭弁だけです。悪知恵だけです。企みだけです。
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」
「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
 」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
 
3年余り、批判を当てても、同じように書いてくる慢心こそが異常です。その間、当てつけや悪口は書いてきても、真っ当な反論など、全く書けないのです。論理遊びの罠を仕掛けてきますが、理路が分からず受け取れないことからの詭弁に過ぎず、それがバレてからは、ただただ見苦しいだけなのです。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ 
 
ブログランキング
 
 
 

このページのトップヘ