ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

タグ:偶像

 
  人からの自由2
 
 
今回は、キリスト信仰の話です。前に書きましたが、キリスト信仰においても、人からの自由という大きな恵みがあります。
 
しかし、一歩間違えると、神はいつも自分の味方、自分の敵は神の敵、いつか神が復讐してくれる、というような、恐ろしい自己中心の怨念信仰に陥る危険があります。神に対する身勝手な曲解に基づくもので、個人の偶像崇拝であり、一種のカルトであります。
 
愛と恵みばかりを強調して、神への恐れ、戒める神、懲らしめる神を自覚せず教えもしない説教を続けていると、身勝手な依怙贔屓の神信仰、ありがたや信仰になりやすいと思います。
 
そういうカルトに共通しているのは、自己中心、自尊の絶対化、無反省、無責任、無理解、訂正不能、学習不能、成長不能、良心・良識・常識欠如、そして、結果として、妄想の絶対化、理解力・共感力の喪失という人格の破壊です。
 
 
人からの自由、というのは、超人になることではないし、
 
他者からの自由、というのは、他者を無視することではありません。
 
この2つは、似たような意味ですが、カルト的思考という点では、大きな問題であります。
 
この2つを、そのまま実践しているような、反キリストのカルトが現にいるからです。
 
 
  「妄想コメント」
  に追加して
 
その者は、
罪は悔い改めなくても救われるから気にしなくていいと言い、
 それを、キリスト信仰ではないと批判すると、
今、悔い改めないのは、悔い改めは神が与えるからだと言い、
 そのようなキリスト信仰はどこにも存在しない、
 まず最初に自由意志で告白し悔い改めるのが信仰の始まりで、
 悔い改めていないのは、神が何も与えていない証拠だと言うと、
生まれながらの自由意志ではなく
御言葉と御霊による自由意思などと言い出し
 思いつきで中身のない理解不能の造語的組み合わせを平気でしてきます。
 その場で繕っただけの言葉遊びを
 自動的に聖霊によって正当化したつもりなのです。
 
このような妄想をキリスト教として言ってくることこそ、
人間らしさから乖離した神がかりの超人意識であり
自分の思いつきが聖霊による神の啓示だと思いこみ
人間らしい自由意志を嫌い
人間を嫌って否定しているいる証拠なのです。
 
そうして、こちらの言ったことを何一つ受け取れないほど
理解力が欠け落ちている者がいるということです。
 
人間が、人間離れしたら、人格の破壊と喪失によるところの、カルト的狂気しかありません。
 
そこでは、人間離れした超人気取りが、神がかって、自分の言ったことを、総て、ほぼ自動的に、神の意志と思い込むということが起きていて、反省は皆無のまま、訂正不能になります。
 
そのくせ、好きなように言って、批判を受け取らず、理解も出来ず、しかも、それほど劣悪な精神を見せながら、世辞の丁寧語によって、いつも、まともな宗教指導者であると見せかけて、さらに、次の機会には、何事も無かったかのような白々しさで、挨拶を入れて、また、御託を並べるのです。
 
自尊の絶対化、という、神が最も嫌う大罪を犯しながら、いつも、神の平安の中に守られていますと言うほどの、100%の背教と、180度の逆転が、恒常的に起きるのは、初期の信仰理解が、まるで成り立っておらず、まともに人の話も理解できず、自分の理解というより都合だけで、キリスト教の言葉を真逆の方向に振り回して、悦に入っている人格破壊の姿であります。
 
それが、その者の中だけで終わってしまえばよいものを、そういう者ほど、その妄想を、キリスト信仰として、広めようとするのだから、迷惑というより邪悪かつ有害であります。
 
 
キリスト信仰による人からの自由は、もちろん、超人になることではなく、また、完全になることでもなく、また、ゆえに、神のしもべとして完全になるという詭弁でもなく、神に近づくことでもなく、それゆえ他者より優位に立つということでもなく、優れた者になることではなく、ただ、人間としての一生を全うするために、キリストの同伴を必要とし、主なる神を恐れ、主なる神に対して正直となるためであります。
 
キリスト信仰による人からの自由は、おもに、旧約聖書から、神の絶対を知り、それとは違う不完全な存在としての自らを知ることであり、自分と同じような不完全な他者に隷属する必要はないという意味です。
 
そして、おもに、新約聖書から、キリストの御名によって、正直に祈ることを、信仰生活とすることです。よって、他者の批判を無視することでなく、反省・自省・修正・学習したうえで、他者の執拗で悪質な言葉や、世俗の思い込みや先入観・固定観念から、自由になることです。
 
むしろ、神を恐れ、不完全な自分を知り、その違いと分別をわきまえ、それゆえに、主の慈しみを知るために、神への信仰があるとも言えるのです。
 
 (詩篇、口語訳)111:10
主を恐れることは知恵のはじめである。
これを行う者はみな良き悟りを得る。
主の誉は、とこしえに、うせることはない。
 (詩篇111:10、旧約聖書)
 
キリスト信仰による人からの自由は、キリストの御名によって、他者をないがしろにすることではなく、他者に誇ってよいことでもなく、・・ただ、人間らしく生きるためであります。
 
キリスト信仰による人からの自由は、この世の形骸に命を託すことのないように、カルトの誘惑や脅迫に支配されることのないように、欲望を貪るだけの餓鬼になることなく、人を貪る悪魔に魅入られることなく、・・ただ、人間らしく生きるためであります。
 
キリストの同伴という慈しみによって、人が見捨てても、見捨てられた者となることなく、絶対孤独に囚われることなく、生きることを諦めることなく、あらゆる形式に時に従うことがあっても奴隷とならず、いかなる人の奴隷ともならず、打ちひしがれることがあって失望しても、絶望とならず、悲しんでいても、絶望に支配されず、キリストの限りない愛と共感に個人として結ばれ、誤りのない生き方の境地ではなく、過ちを犯しても、正直に祈り、悔い改めて立ち直れる道であります。
 
むしろ、人間を生かす愛と共感を学ぶために、キリスト信仰があるとも言えるのです。
 
ゆえに、キリスト信仰の、人からの自由は、他者の思惑に振り回されることなく、どのような境遇にあっても、他者から独立し自立した人格の尊厳から、むしろ、同じ人間である他者を大切に思う心を育てるためであります。
 
 
人からの自由

人からの自由
 
 
(2019年12月10日)
(2020年12月29日、加筆して再録)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
https://twitter.com/st5402jp
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html  
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 

 
  偶像と玉葱の皮2
  を加筆修正。
 
 
人が神を
特にキリストを信仰するとき
祈るときも感謝するときも
キリストの理想像を
人は心に思い描いています
その根拠は聖書ですが
それも人による聖書の解釈です
 
したがって信仰は
自分にとって望ましく好ましい
また都合のよい偶像になってゆきます
つまり信仰は偶像信仰になってゆきます
 
信仰の偶像は忌むべきです
排除できるなら排除したいのですが
はたして排除できるでしょうか
 
キリストを思うとき
必ずキリストを思い描いています
姿・顔・表情など
詳細な写実のような像でなくても
思い描かないなら概念に過ぎなくなります
信仰が概念だけになるのはイデオロギー化であります
信仰はイデオロギーではありません
 
思い描いてしまうのです
大好きなイエスさまを
 
偶像の完全排除は形無き理屈になりますから
偶像排除も真の信仰も
結局は不可能になります
 
しかし偶像を排除しようという意思を持つことが
折に触れて大切になります
経験を重ねるにつれて余計な尾ひれが付いてくるのが
人が信じるということの必然ですから
 
信仰の偶像を自覚しない信仰にならないために
 
偶像の排除は
玉葱の皮を剥くようなものかもしれません
剥いても剥いても切りがなく
刻めば出てくるのは涙だけ
しかも玉葱の芯があってもなくても
真の信仰だという保証はないのです
 
だからといって
偶像排除など
しなくてよいということにはなりません
 
いかなる信仰であれ
自分に都合のよい偶像信仰に陥る危険はあり
偶像信仰だけならば
玉葱の皮をむいた後に残るものは何もありません
偶像信仰だけでないならば
皮をむき続けるのが信仰者の一生です
この場合
皮をむく作業は終わらないのです
ゆえに信仰は境地ではなく一生続く道なのです
 
したがって人は
皮をむく作業が終わりを予測できないまま
作業を続けることになります
それは空しいだけだと止めてしまうと
玉葱の皮に気づこうとしないまま偶像信仰が続く
という最悪の偶像信仰に陥るでしょう
 
信仰の偶像を自覚する信仰であるために
 
「剥いて刻んでも出てくるのは涙だけ」
と言う偽善者もいますが
 
だからこそ
玉葱の正体を知りたいなら
一生のあいだに
ありったけの涙を流すべきなのです
 
 
(2011年12月21日、同日一部修正)
 
 
上では偶像と書きましたが
ここでは
祈るとき
信仰について考えるとき
必ず不可避的に
思い描いているイメージの意味でもあります。
 
偶像=心に描いているキリスト像
=自分の理想のキリスト像
=自分が出会ったと思っているキリスト像
こういう偶像は
信仰者なら
はっきりとはしなくても
誰もが持っていると思います。
 
そこを自覚しない場合
あるいはカルトなどは最初から、
最悪となる偶像があります。
すなわち偶像崇拝といってよい邪悪な偶像です。
それは不可避的にではなく
思い込みによる偶像です。
多くは
自分に都合がよく
自分をいつも正当化してくれるような
慰め主でありながら
信仰とは別の
自分の都合だけで作られているので
刷り込まれたものであっても
先入観や固定観念や欲望のイメージとして
自分信仰の欲望の偶像であり
この偶像の神そしてキリストは
まさに
自分自身でしかないのです。
 
誰もが持っているのではなく、持ってはならず、
学習と成長を阻害し、自他を傷つけ破壊する危険があり、
自戒して自壊させなければならない偶像は、この後者であります。
 
 
※(補足)
 
偽善者は、神がいるなら悲劇や悲惨な死があるのはおかしいと言って、あっさり、だめだこりゃ・・とでも思ったのか、すっかり反キリストになります。呆れたことに、それで、物を知っているかのような気分になって満悦するのです。
 
信仰者になる人は、悲劇があるからこそ、神の救いを必要とします。何故なら、神がいないことにしても悲劇から逃れることなど出来ず、悲劇の時の慰めと癒しと救いがなくて、この世が、絶望に満たされるのは耐えられないからです。
 
 
偶像2

偶像
 
 
(2020年12月24日)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html  
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html
 
 

 
  罪人に注ぐ光
 
 2018年11月14日「神か人か」を加筆修正して再録。
 
 
キリストは神か人か
ということがキリスト教を考えるうえで話題となり
論争にさえなるでしょう。
 
私は、基本、決めつけない立場で
事実かどうかは保留しています。
 
しかしキリストが
イエスという名の人だとしても、
福音書を見れば分かるように
物や肉体の奇跡を抜きにしても
イエスは
人を見抜く優れた洞察力と
人の悲しみに寄り添う共感力と
命を賭するほどの愛を持っておられたのです。
 
この御方を、人でした
ということで済ませられるでしょうか。
私には、とても出来ません。
 
二千年前に
悪が善の振りをするという偽善が
悪よりも悪質な
最悪であることを洞察し
厳しく批判し
罪深い人に深く共感して
罪人を救おうとして
承知の上で犠牲となって
殺された御方を
どうして
人でしたと言って済ませて
忘れられるでしょう。
 
 人でしたと済ませて忘れられるのは
 超常奇跡や机上の空論だけで考えて
 心に潤いと温もりのない人だと思います。
 
つまり
神か人かに関わらず
私の心を揺さぶり
大きく変えたイエスという御方は
私の救い主なのです。
すなわち
ただの人では決して済まない御方なのです。
 
私にとって
人間として可能で必要な神認識は
それだけで十分なのです。
 
その告白の時
イエスは、私にとって、
主イエスでありキリストなのです。
 
何故それ以上を
神聖について分かっているふりをするのでしょう。
 
キリスト信仰者の宝は
神の前に、人が無知であること、
つまり
神の完全とは比べ物にならないところの
人の不完全という罪性の自覚であるのに。
 
それゆえにキリストは
今も聖書を通じて総ての人に
正直な罪人が救われることを
宣べ伝えているのです。
 
 
キリストが物や肉体の奇跡を行ったかどうかについては
好事家の議論に過ぎません。
何故なら、現代、あるいは、
あるとき、自分の都合の良いように、
物や肉体に、奇跡は、
少なくとも滅多に起こらないと言えるからです。
 
キリストが二千年前
物や肉体の奇跡を行ったかどうかについては
終末まで保留してよいと思います。
 
人生の成り行きにおいて
奇跡体験を持っている人は
神の導きがあったかもしれない。
 
しかし
その時の奇跡が
都合よく繰り返されるとは限りません。
 
神に祈り願うことと違って、
神が自分の期待通りに奇跡を起こすと信じることは
信仰とは、逆方向であります。
 
後者は神の行為を決めつけて思い込む傲慢です。
期待通りという条件は人の作りもの
すなわち偶像に他なりません。
 
信仰は神への無条件の信頼です。
何も持たずに神の懐に飛び込むことです。
キリスト者をそうさせるのは
キリストからの愛とキリストへの愛であり
それ以外にはありません。
 
神は便利屋ではありません。
個人を守る氏神でもありません。
 
神は神の基準によって人を導きます。
その基準は神の秘密です。
私たちが折々の判断によって動くとき
どこに神の導きがあるかも神秘であります。
 
神が、人の都合に合わせて
人を守るから信じるのではありません。
 
生きているとき
さらに死に臨むとき
人の考え行なえることが尽きたときに
神の導きのみが希望ゆえに
神にお任せするのであります。
 
 
罪人に注ぐ光

罪人に注ぐ光
 
 
 ※
 
 自分は奇跡に守られているという信仰?が
 いかに身勝手で自己中心的で破壊的な人格を作ってしまうかを
 私は、嫌というほど
 ずっと見続ける羽目になっています。(嘆)
 
 
(2018年11月14日アップ)
(2020年11月19日、加筆して再録、さらに修正)
 
好事家(こうずか)≒物好き
 ・・知らなかった。「こうじか」と読んでいました(汗)
羽目(はめ、破目)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
(ここは、たまにブログ記事をリンク)
 
 
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html  
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html
 
 

このページのトップヘ