ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

タグ:洞察

 
  受け取るべきこと2
 
 
Q.
 
キリストは
いわれなき罪のために十字架につかれました。
パリサイ人たちは悪い奴です。
彼らが憎いです。
 
A.
 
何を言っている。
キリストを殺したのは私たちだ。
そうあってはならないから
キリスト者は祈っている。
 
そのことを、神は既にご存知であるのに、どうして、信じることを、分かっていることにしてしまうのか。信仰者は罪深くて不完全であるのだから、神の前で、知っている、分かっている、見えている、守っている、・・これらは、信仰自慢である。分からないという正直さを、神の前で持つべきである。
 
 
キリストの言行録で、私たち人間が感動できるのは、キリストの愛に溢れた洞察力と共感力だと思います。何度も言ってきたことですが、物や肉体の奇跡の話は、驚きこそすれ、今の時代、物や肉体の奇跡は滅多に起こらないという現実があるのだから、信仰の中心にはなりません。
 
数々の奇跡のみに注目して、いつか起こる、いつか起こると、物や肉体の奇跡ばかりを祈り願い待ち望んで、それで人生が終わるのがキリスト者ではありません。魔法を願って思考停止することを、神は人に求めるでしょうか。神は人を考える存在として造られました。
 
奇跡頼みは、私たちの日常において、考えるべき様々の課題から目を逸らすことになりはしないか。奇跡の話ばかりして讃美しまくり、信仰者の弁えとしての神への恐れを全く無視している者を見ると、人格を自ら破壊して、まるでケダモノのような卑しさを感じます。
 
物や肉体の奇跡は、人間にとって、わけのわからないことです。即ち、真似のできないことであり、心掛けようのないことであり、誰でも与えられる恵みとして期待するほうが無理ということです。努めようもないことなのです。
 
また、情欲の聖句や、敵を愛せよ、など、守れもせぬ教えを、できるだけで守っている気分になっていると、旧約が伝える神と人の絶対的な違いや、新約が伝える神格が人格に与えるものを、疎かにしかねないと危惧しています。
 
冒頭に書いたように
私たちが受け取って感動し共感できるのは
魂あるいは心の奇跡と呼んでいるもの
即ち、救われた人々との交流において表されたところの
キリストの洞察と共感(=愛)である。
私たちが受け取れるもので
私たちに分かるのは
それ以外にはないと言ってよい。
 
キリストの愛と洞察と共感を受け取れば
私たちの中で確かに生きてくる賜物となり力となるだろう。
 
このことは人間という存在を考えるとき
必ず、思い考え、さらに憧れてよいことである。
どうしてそのことに心を砕かないのだろう。
 
物や肉体の奇跡のことは
御心のままにしかならないものとして
私たちも御心のままにと祈るほかはない。
 
私たちは自由意志を与えられているのだから
教えや聖句について
今の自分の受け取ったと思うものを
固定するべきではない。
 
私たちは成長することで
堕落に対抗することが必要であり
それが可能になるためには
聖書についても、読んだとき聞いたとき
分かったつもりになることを避けて
正直な心で疑問は疑問として保留にしておくべきだ。
いつか本当に分かって感動するまでは
というより地上に生きている間は
理解が腐敗することのないように
訂正不能にせず、保留にしておくべきだ。
 
私たちは
神の言葉を即座に理解するほど優秀ではない。
さらに私たちは
理解したつもりのことを不変に保持することは出来ない。
心は、揺らぎ、移り変わり、場合によっては腐敗する。
 
神には起こらない不安定が起こるのが人間であり
風を追うようなものとは、私たちすべての人のことである。
その証拠は、私たちの、死すべき定めにおいて明らかである。
 
私たちの成長は、
成就しても限りあるけれども
それさえも
神の前に、飾ったり、偽ったりする者には
決して達成されることがない。
 
日々、精いっぱい正直に神に告白し祈ることで
はじめて、ようやく、達成に方向付けされるだろう。
 
 
私の言うことを取るも取らぬも読む人の自由です。
しかし、取る、あるいは、取らない、ということを、
今、決めてしまうことも
不完全で罪深い私たち信仰者の成長のあり方ではないと思います。
もし心に残るなら、時に、考えてほしいと思います。
 
悪口に、悪口だけを返すことのないように
侮辱されて、侮辱だけを返すことのないように
憎まれて、憎しみだけに固まることのないように
自分の快楽原則のみで他者を無視するようにならないために
迫害されて、お返しに、害することのないように
自分を守るために、神の名によって、硬く自閉することのないように
悪しき刺激を受けても、心がいつまでも乱れていることのないように
攻撃されても、神の復讐だけを願う生き方にならないように
被害的念慮と他罰的念慮に凝り固まることのないように
神の裁きを求めることが、人の人への復讐祈願にならないように
神を信じることが、他者を呪うことではなく、解放であるように
 
主の御名によって祈っています。拝。
 
 
(私個人の祈り)
 
どうか母をお守りください。
どうか兄をお守りください。
今は亡き父とおばちゃんたちが安らかでありますように。
私が愛する人々と私が思っている人々をどうか守り導いてください。
 
年を重ねるごとに心身の衰えが目立ってきました。
御心ならば、私の痛みと苦しみを取り去ってください。
わが罪をお赦しください。
この罪人をお赦しください。
どうか離れないでください。
 
この祈り、主イエス・キリストの御名を通して
御前にお捧げいたします。アーメン。
 
(※ 御心、御名、御前の、御は「み」と読んでいます。)
 
 
祈り 音信

祈り 音信
 
 
(2020年03月10日)
(2022年03月22日、再録+加筆)
 
 
 
  ウソの胸
 
風通しのよい胸だ
ほとんど風化している
どんな風が吹き抜けたのか
吹き抜けた風は
今どこに
見知らぬ野原で
草を揺らしているのか
昔懐かしい人の前を
一瞬でも通り過ぎたか
答えようもない問いが
ぽっかりあいた胸の中で
ときに胸をひらひらと揺さぶっている
 
風通しのよいことが
気持ちよいとは限らない
空っぽの胸はウソの胸
吹き抜ける風はウソの風
通いなれた道を通り
なじみの街を過ぎ
風化した穴に
今も聖なる心と
聖なる血を求めて
ため息で祈る
 
からっぽになりたいです
 
 
  涙
 
暗幕の下に賑わう目と目
代価を払って買った涙
計算機は壊れない
ガラスは割れない
安心して夢見る少女
愛情を運ぶトラック
何の保証もなく
世の中は便利になった
 
唇に青い瞳を
真昼の星に輝きを
汗をまき散らして変転する太陽
耐えた腕が鳴らす独裁
 
別れたのは父と母であったか
妻と夫であったか
親と子であったか
結ばれたのは残された国境
未来への合唱と
泣きながら遠ざかる沈黙
 
ビルの窓に反射する
まぶしい笑いと
人波の上に
今日も
代価を払っても買えない涙が
 
 
  これで息
 
ごはん炊いて
ラップに包んで
冷凍する
これで数日は息抜きできる気分
 
悪いこころ集めて
これこれと反省して
お祈りする
これでしばらくは息吹き返す気分
 
悲しいこころ集めて
じっと乾く涙を待って
目を閉じる
これでほんの少し
ため息つける気分
 
良いこころ集めて
あれこれと考えて
わからないと気づく
これでこれからも虫の息
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら誤ったら素直に詫びて自分正さなくちゃいけない」「それが出来て初めて人間だと それ出来ないなら人ではないと」「嘘ばかり重ねる君よ 保身だけの卑怯者の君よ そんな君は魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと最大限の反省と共に 開いた出店を畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 」
 
 
嘘と詭弁で妄想を刷り込んできて、人を偽りでだましてきた罪を、「反省。とほほ」と言い、ここでは「一種の、人間の性」で済まそうとする楽山を、許してはならず、赦してはならず、放置してはならず、同じことを続けさせてはならないと思います。
 
楽山は、悔い改める日は来ないかもしれません。しかし、私たちが、悔い改めない楽山に、操られる日が来てはなりません。楽山が、何らかのカルトを始めたり、嘘で人をだましたり、嘘を吐いて何らかの偉そうな地位についたりしてはなりません。その時の被害は、今より遥かに大きいからです。
 
 
 
(ツイッターに書いたこと:)
 
私は、数か月、楽山と直接の遣り取りをしました。人格が壊れそうなほど、異常な疲労と徒労を味わいました。人生で初めてです。よって、以後今まで3年余りは、直接の遣り取りを禁忌として、こんな異常者がいると知らせるためにブログとツイッターを利用しています。その間、判断が覆ったことはありません。
 
st氏が自分はブログやツイッターに楽山批判を書くが、楽山は出入り禁止(書き込み禁止)とした事実は変えることはできない
 
楽山は、遣り取りするだけで害を及ぼすからです。犯罪者や害虫や猛獣や危険物と同じ扱いになります。家には決して入れずに、警戒情報を発しています。
 
 
どうか、楽山に、関わること、近づくこと、応答すること、一切、しないでください。ご自身の精神衛生のためです。楽山は、嘘と詭弁で、人を振り回し、疲労させ、壊してゆくサイコパスです。3年間、変わることのなかった判断ですから、人間レベルでは、結論といっていいと思います。
 
私は、努めて、できることをして、それ以上は神にお任せします。人間は、できることを精いっぱいすることが使命、そして、そこまでが能力なのです。楽山は、病質者であり、公共の害毒~病原です。
 
 
 
 幸福の科学は、宏洋氏に勝訴したそうだ。
 2022年03月20日 幸福の科学とは何だろう?
 
物事は一方の言い分だけで判断してはいけないというのは本当だと改めて思う。
 
HSについての記事のようですが、楽山は、自分の言い分だけを、ちょいと書いて、他者の意見を無視し続けています。そういう人が、上のように書くことは、実に、白々しい。楽山の言うことは、いたるところに自己正当化の詭弁が含まれてくるということです。印象操作による刷り込みと言います。
 
当たり前の道徳を書いて作為を隠すのが、楽山の気持ち悪い筆致です。今までも「人それぞれ」「人は人、自分は自分」「意見を言ってはいけないのでしょうか」などと書いて、自分の身勝手を正当化するなど、はっきりした主張をせず、ほのめかしてきました。一般的なことを、個別に印象付ける詭弁です。
 
正面から物が言えない半端者は、このようにして、憂さを晴らすのでしょうか。それとも、暗示によって、人を操る教祖願望の表れでしょうか。いずれにしても、個人でも、組織の一員であっても、まともに付き合ってはいけない自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)の楽山です。
 
今まで見てきたことから、楽山は、理論家を気取りますが、まともな思考の理路が拙劣です。かつ、深い共感を持ちません。思索できず、感受できず、分かっていると思わせて、インテリを気取り、詭弁と嘘で信頼を得ようとします。遣り取りを続けると、結局は、一種異様な疲労を味わうことになります。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ 
 
ブログランキング
 
 
 

 
  情欲の聖句(2)2
 
 
何度か、引用してきた情欲の聖句であります。情欲にとどまらず、キリストの洞察と立場に深くかかわる問題であることを知ってほしいと思います。キリストの教えを、安易な道徳に貶めることのないようにしてください。
 
 (マタイによる福音書、口語訳)
5:27
『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。 
5:28
しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。 
 (マタイ5:27-28、新約聖書)
 
これが、守れ、という教えでないことは明らかであります。性欲は湧いてくるものであって、異性への性欲については、ホルモン系の病気の人や、趣味の違う人以外では、男は、必ず情欲をいだいて女を見るのであります。
 
それがなくなったら、セックスという不潔で面倒臭い行為など、誰もしないでしょう。つまり、この聖句を、文字通り守ったら、人類は滅びるという矛盾律なのです。ですから勘違いしてはいけません。それに、姦淫は、偶像崇拝の意味で使われることもあります。
 
つまり、ここでは、異性愛について言っておられますが、異性・同性を問わず、みだらな思いを戒めながら、その思いが、断ちきれない人間の性についても、キリストは、当然、洞察し、理解し、大きく包み込んで、言っておられるわけです。
 
この教えを、嘘の解釈をして、女というのは人妻のことだから、人妻を色の目で見ないようにしましょう。あるいは、できるだけ、控えるようにしましょうね、などというような、安っぽい道徳に、おとしめることがあってはなりません。
 
福音は、人の道徳で説明できるようなものではありません。キリストは、神を信じて戒律を守っているから正しいと言っている者たちを、敵対者として、強く意識しているということです。それは、パリサイ人や律法学者や祭司、またその信奉者に他なりません。
 
つまり、前にも書きましたが、この教えは、情欲をいだかずにおれないのだから、罪は、まぬかれない。ゆえに、総ての人は、罪人であり、正直な祈りによって、俗のほうから、神のほうへ、方向転換することが必要だと言っているのです。
 
さらに、厳しい、というより、守るのは不可能、と思われる教えが続いています。
 
 (マタイによる福音書、口語訳)
5:29
もしあなたの右の目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に投げ入れられない方が、あなたにとって益である。
5:30
もしあなたの右の手が罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に落ち込まない方が、あなたにとって益である。 
5:31
また『妻を出す者は離縁状を渡せ』と言われている。 
5:32
しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、不品行以外の理由で自分の妻を出す者は、姦淫を行わせるのである。また出された女をめとる者も、姦淫を行うのである。
 (マタイ5:29-32、新約聖書)
 
この厳しさも、そのまま、守れという教えではありません。ただの誇張でもありません。キリストは、人が、教えを守って完全になることなど、決してできないことを、既に、ご存知だということです。
 
ここにおいて、キリストが、強く意識しているのは、こういうことをしているから、あるいは、していないから、罪はない、という行為義認への痛烈な批判であります。その批判は、パリサイ人などの戒律主義の偽善者に向けられていることを理解するべきです。
 
人間が、ちょっとばかり、形だけ、善を行い、悪を避けたつもりでいることなど、神の前で、正義などと言えるようなものではない。つまり、人間は、罪を犯さないようになって神のように正しくなることなど決して出来ない、ということを前提に言っておられるのです。
 
 
キリスト教と信仰を、道徳と同じように考えて、正義の神はなぜ悪を放っておくのか、などと、人が神を扱い裁くような理屈で、机上で神?を否定して、宗教を信じ過ぎないほうがいいみたいなことを書いている楽山という反キリストがいるので、書いています。
 
私たちは、筋が通っているから、矛盾がないから、正義だから、神を信じているのではありません。神の正義は、神秘であり、決して、人に理解することは出来ません。私たちは、祈る相手がいるという救いの一片によって生かされて、信仰者となるのです。
 
人が、神を理解することは不可能です。神の筋道も、神の整合性も、神の正義も、私たちは、地上で理解することはありません。完全ではなくても理解できることはあるだろう、という主張は、それ自体が、不完全な理解による正義であり、神の正義に遠く及ばないものだと承知するべきです。
 
人間は、たかだか安い道徳を守ろうとする程度ですが、しばしば、善と悪を間違えて、偽善で納得したり、合理化したり、言い訳したりもするわけです。だから、人の善悪の認識と判断など、殆ど、生きる支えにはならないこと知った人が、信仰を求めるのだろうと思います。
 
私たちは、イエス・キリストという仲保者によって導かれています。信仰は、道徳ではありません。だから、道徳と正義の視点から、神とキリストを否定することは不可能であり、同時に、また、肯定することも不可能です。つまり、私たちは、正義によって、信じるのではないということです。
 
キリスト者は、キリストに絆(ほだ)された者、言い換えると、キリストに絆されることで自由を得た経験がある者であります。大事なことは、理屈ではなく、心に与えられます。
 
キリストの、人間を洞察し、人間に共感する愛を知った人は、それを忘れることが出来ないゆえに、キリストを、人生の同伴者、そして、唯一の希望として、仰ぎ続けているということです。
 
それゆえに、信仰者は、ごまかしや、勘違いや、安い道徳や、安易な理屈に、落ち着いてはいけないのであります。信仰は、正義の人になるためではなく、正義を求める人としての活性を失わないために、その活性が何であるかを知るために、与えられます。ゆえに、福音と呼ばれます。
 
私たちは、常に、途上にあり、望まれているのは、完成することではなく、努力し成長することであります。私たちは、民であって、神ではありません。私たちは、完全になるのではなく、完全ではないこと知って、学び、成長することが望まれているのです。
 
 (ヨハネによる福音書、口語訳)
21:15
彼らが食事をすませると、イエスはシモン・ペテロに言われた、「ヨハネの子シモンよ、あなたはこの人たちが愛する以上に、わたしを愛するか」。ペテロは言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。
21:16
またもう一度彼に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。彼はイエスに言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を飼いなさい」。 
21:17
イエスは三度目に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。ペテロは「わたしを愛するか」とイエスが三度も言われたので、心をいためてイエスに言った、「主よ、あなたはすべてをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を養いなさい。
 (ヨハネ書21:15、新約聖書)
 
復活の主イエス・キリストは、ペテロに、三度、同じことを問うています。その前に、十字架の時、ペテロは、三度、キリストを知らないと言って、裏切っています。
 
私たちキリスト者は、何度、問われるでしょう。私たちは、何度、裏切っているのでしょう。キリストは、人が裏切るという罪の性質を、既に、ご存知です。
 
 (マタイによる福音書、口語訳)
26:31
そのとき、イエスは弟子たちに言われた、「今夜、あなたがたは皆わたしにつまずくであろう。『わたしは羊飼を打つ。そして、羊の群れは散らされるであろう』と、書いてあるからである。 
26:32
しかしわたしは、よみがえってから、あなたがたより先にガリラヤへ行くであろう」。 
26:33
するとペテロはイエスに答えて言った、「たとい、みんなの者があなたにつまずいても、わたしは決してつまずきません」。 
26:34
イエスは言われた、「よくあなたに言っておく。今夜、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」。 
26:35
ペテロは言った、「たといあなたと一緒に死なねばならなくなっても、あなたを知らないなどとは、決して申しません」。弟子たちもみな同じように言った。
 (マタイ26:31-35、新約聖書)
 
ペテロは、自分の覚悟をキリストに誓いますが、キリストが、既に、裏切りを見抜いておられます。
 
 (マタイによる福音書、口語訳)
26:69
ペテロは外で中庭にすわっていた。するとひとりの女中が彼のところにきて、「あなたもあのガリラヤ人イエスと一緒だった」と言った。 
26:70
するとペテロは、みんなの前でそれを打ち消して言った、「あなたが何を言っているのか、わからない」。 
26:71
そう言って入口の方に出て行くと、ほかの女中が彼を見て、そこにいる人々にむかって、「この人はナザレ人イエスと一緒だった」と言った。 
26:72
そこで彼は再びそれを打ち消して、「そんな人は知らない」と誓って言った。 
26:73
しばらくして、そこに立っていた人々が近寄ってきて、ペテロに言った、「確かにあなたも彼らの仲間だ。言葉づかいであなたのことがわかる」。 
26:74
彼は「その人のことは何も知らない」と言って、激しく誓いはじめた。するとすぐ鶏が鳴いた。 
26:75
ペテロは「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた。
 (マタイ26:69-75、新約聖書)
 
私たち信仰者は、何度、キリストを裏切ってきたでしょう。
 
この話は、ペテロの裏切りをを責めるための話ではありません。誰もが、裏切りという罪を犯すということを、キリストは承知の上で、生き、死に、滅びることなく、よみがえり、救う御方であるということを、私たちに、伝えているのです。
 
 
洞察の深み、共感の慈愛

洞察の深み、共感の慈愛
 
 
(2021年12月11日、再録+加筆)
 
 
 
楽山日記へのコメント再録 ( 1.が誰のコメントかは不明 )
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら 誤ったら 素直に詫びて 自分 正さなくちゃいけない」「それが出来て 初めて人間だと それ出来ないなら 人ではないと」「嘘ばかり 重ねる君よ 保身だけの 卑怯者の君よ そんな君は 魅力の欠片もないのに」「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと 最大限の反省と共に 開いた出店を 畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
誰かが注意しても、聞く耳を持たない楽山は、反省も謝罪もしておらず、邪悪な性根の根深さが治りません。「人間の性」「自分もそんな風です」などと言って、人間一般のように、醜い詭弁の言い訳をしていますが、そうではなく、楽山固有の悪と罪と偽善だということです。
 
自己愛性人格障害の楽山には、後悔、反省、自覚、などの高等感情が欠けています。信仰もなく、信仰をあざ笑っているので、救いもありません。超常に遊んで、狼狽して、自己正当化することしかないのでしょうが、これほど、自らに危機意識のない人は、むしろ、珍しいのです。
 
楽山のように、神の見ているこの地上で、自分を、他者に大きく見せようとするのは、信仰とは全く逆方向の欺瞞です。信仰者は、正直な祈りを心掛けるべきでしょう。返答に窮すると讃美を繰り返す偽牧師シャロームshaom と、楽山は、仲間か、同一の成りすましだと思います。
 
 
 
楽山は、ツイッターでHS批判を続けているつもりのようです。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
アンチは表舞台には上がれない陰口の王者だ
 」
ORは、世界宗教者会議というような表舞台には上がれてない。政治の舞台にも上がれなかった。
朝ナマで、オウム教祖と直接対決できたのに出席しなかった。
この批判は、ORも当てはまりますね。
 
楽山は、アンチではなく、インチキだとバレても、批判しているふうを装って、現実の立場を、捏造し続けています。結局、人のことを言って、自分が、陰口の王者に、つまり、またしてもインチキぶりを自ら証明しているのです。陰愚痴のペテン師です。
 
楽山は、批判をしないと、何の立場もアイデンティティーもなくなるので、不細工に、あがいているだけです。既に、今まで、だまし、偽ってきた履歴が残っているのだから、引っ込む以外にないのを、批判し続けることで、ますます、不潔な涎(よだれ)になってゆきます。
 
他者のことを「表舞台には上がれてない」「政治の舞台にも上がれなかった」・・これこそ、今の楽山の、欠格の醜態の口だけであり、いかなる正当な出席の事実も資格もない実情なのです。直接対決できず、まともな反論も出来ず、誰にも相手にされないまま年を取ってゆくのでしょう。
 
今回も、楽山の発言が、楽山を否定してゆきます。人を責めることでは、決して、自分を上げることにはならないという典型例です。言えば言うだけ、みじめさを増して、楽山に当てはまってゆきます。心を学ばず、言葉を学ばないまま、思い上がった偽善者の末路です。
 
カルト教組のようには、持ち上げてくれる人もなく、独りの部屋で、ぶつぶつ呟いて、自己満足するのでしょうか。誰からも愛されず、共感されず、今まで受けた賛同が欺きの犠牲でしかないという現実から目を背けたい逃避の虚数空間が楽山のマイホームなのです。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
『アンチは相手にするだけ無駄なので、いち早く切り捨てるべき』
アンチ達が「アンチという泥沼」から抜け出る事を望みます
 」
一般論では、合わない人とは距離をとるのが正解。
でも宗教的には、後者のように改心を祈りつつ、待ち続けるのが正解と思います。
 
「切り捨てる」を「距離をとる」という丁寧語で言い換えて「正解」などという楽山の偽善の言い訳です。楽山は、スルーと言って無視する自己中の虫です。今までの泥沼の楽山が、今の楽山を追いかけてくるでしょう。
 
誰も、楽山という底なしの泥沼に堕ちることのないように祈っています。楽山の影響を誰も受けないように祈っています。正直の欠片もなく、改心することなく、祈ることなく、災いを人のせいにしてきた楽山の放言が、楽山を切り捨ててゆくのです。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
返信先: 
@komo266
どの時代どの地域にもアンチはいる。
 」
大川隆法は、他の思想や宗教に対してアンチです。
Pさんは、HSや百田尚樹のアンチに対してアンチしてます。
仰る通り、アンチはいつでもどこでもいます。 
 
楽山が、よく使う詭弁です。一般を同じ穴の狢として巻き添えにします。どこにでもいるのだから、自分もいっしょで、悪くないと言いたいのでしょう。汚いです。楽山は、嘘と詭弁にまみれています。こういうのは、真実追求の言論の場に、いてはならないです。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
でも私のOR批判は、全体を見た上で、その一例として文言を取り上げるというものです。
たとえば、ORは、自分は仏陀で、創造主で、イエスに我が父と呼ばれた存在だなどと傲慢発言を繰り返してる。
その一例が、イエスの悟りが掌に見えたというものだという風に。
 
我欲の奴隷である楽山は、全体を見れませんし、個別も見れません。何も現実を見ずに、自らの妄想を見て、妄想を通して、現実だと思っているだけです。楽山は、霊が分かるっぽいという自覚で、教祖願望を掻き立てています。そして、自己中となり、人間性を失っています。
 
★こも/楽山日記3
@komo266
・全体を見ず、一部を切り取り、それに勝手な意味付けをした上でケチをつける
・全体を見た上で、問題点を把握し、その具体例として一部の文言を例示する
 」
この二つは、まったく別のものです。
でもPさんは、一部の文言を取り上げているという表面的なことしか見れてない。これはアカンと思う。
 
楽山には、「全体を見」る視野も、「問題点を把握」する目も、持っていません。楽山は、いつも、理路の言葉の一部をあげつらって、「勝手な意味づけ」をして、「ケチをつけ」てきます。楽山は病識がないので、相手を批判しているつもりで、自分の泥沼を表してしまうのです。
 
楽山は、まさに、「一部の文言を取り上げて」「表面的なこと」しか見れていないのです。いつも、そうであり、それが楽山の体質です。アカンではなく、アウトなのです。楽山は、人間の良心を持たず、全く別のものを持っています。批判者ではなく、批判対象にしかなれない人です。
 
楽山が、人のことを、書けば書くほど、自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)であるところの楽山自身を表します。ずっと、そういう成り行きです。楽山を相手にしてはいけません。関わってはいけません。どうか、楽山に近づかないでください。
 
楽山が、誰かを批判するとき、その批判が楽山を斬る、という、いわば自滅の刃になっています。このように、自己愛性人格障害は、知能は正常のはずですが、自己中のために、考え方が片寄ってくるので、結果として、知性も感性も、狂ってゆくことになるのでしょう。
 
 
 
  まえがき 契約
 
今ここに保証のない契約をたてて
旅立つ前の支度のように
転がるプライドを箱におさめ
数々の諦めを袋に集め
泡立つ無知を吹いては鎮め
虚言と余言?を手紙にしたためて送ろうと思う
 
奴隷がしもべに変わるように祈りながら
呪いを自らに向けて
一つの段を降りてまた一つを降りて
もう降りようのないほど降りて
降り尽くしたとき
通じ合えることの乏しさを
触れることもなく
触れられることもないほどに
低く造られたことの喜びを
分かち合える友の少なさを
パン屑の奇跡になぞらえて
汚れの中に身を置いた
空しさの故に約束しよう
 
あなたがたは栄え
この身はいつか森の中に行って罪を悔い
見せない涙のように土に帰る幸いを知ると
 
 
  失恋の歌をかくなら
 
失恋の歌をかくなら
それはたやすいこと
満たされなかった欲望や
裏切られた夢が
今も僕を恨みながら
アルコールづけの胎児の表情で
落ちていく秋を歩ませる
 
ひとりの空 ひとりの道
僕はひとりだ
暗い天井
効き目のない眠剤
かつて幾度も君の夢を見せた
眠りの中に落ちていくのは怖いことだ
 
代わりにペンを走らせてゆく
描かれるのはいつも
光を求めて空を仰ぐ
盲目を拒んだ義眼の洞察
 
書くたびに無力になる
怒りと口付け
死化粧の悲しげな
やさしさだけで
初めて憧れる
遠い旅路の青い海
地の果ての歌
ララ・・・・・
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、たまにブログ記事をリンクする程度)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
 
 
 

 
  大事なもの 3
    (過去の記事を加筆して再録)
 
 
大昔からの、聖書に書かれている神の起こした奇跡。
それら奇跡に私たちは共感できるでしょうか。
 
処女懐妊から復活に至るまで
キリストにまつわり
またキリストが起こした奇跡。
それら奇跡に私たちは共感できるでしょうか。
 
それらに驚いた時代は二千年前ですが、
今それら奇跡を当てにできるでしょうか。
 
今は滅多に起こっていない奇跡を
私たちの信仰の縁(よすが)にできるでしょうか。
 
滅多に起こらないものを当てには出来ません。
それに
物や肉体の奇跡を起こすのは神の業です。
神に任せるべきことです。
 
むしろ当てにすることは的外れと知るべきです。
共感できないのだから心の縁にもできません。
 
 いたずらに感情を高ぶらせて
 信仰と讃美を豪語するのは偽善者の三文芝居です。
 
私たちが共感できて
信仰の縁にできて
そのために泣くことが出来るのは
キリストが人々と交わり
キリストが人間を洞察して
人間の悲哀に共感されたからです。
 
その共感すなわち愛ゆえに
共感なき者たちによって捕らえられ
キリストは十字架につきました。
 
驚くべき救いの奇跡のためにも
驚くべき再臨と終末のためにも
私たちは神の民として人間であるべきです。
天国を待ち望む民であり続けるためには
考えるべきことがあります。
 
少なくとも今は
当てにできない奇跡の仕組みを
学校の勉強のように頭で覚えたり
牛のように口で反芻したり
録音のように耳に繰り返したりして
それで深めようとする信仰観は
むしろピント外れの偽善的徒労だと思います。
 
キリストはいかなる人々と交わったか、
人々は何を抱えてキリストに出会ったか、
キリストはその人々に何を見出したから共感されたのか、
人々は何ゆえにキリストからの愛を知ったのか、
それこそが
今を生きる人間として聖書から学ぶべきことであり
信仰者として縁(よすが)にするべきことなのです。
 
それを理解することを、魂の奇跡と呼んでいます。
物や肉体の奇跡に対して
心の奇跡と呼んでもいいと思います。
 
神の僕(しもべ)ぶった高慢ではなく
裸の心をもって正直であり、
飾らず偽らず自らを神の前に捧げて、
正直であるがゆえに
ときに嘆いても
祈る自分の涙袋に
主の眼差しが注がれてゆくように
祈り乞い願い
癒しと救いの成就を待ち望む人間の姿を見ていただきましょう。
 
神を讃えなければという義務ではなく、
嘆きがあれば
嘆きを正直に告白して祈りましょう。
それが祈りだと思います。
 
できることをして
心から感謝と讃美が生まれる時を待ち望みましょう。
それが信仰生活だと思います。
 
 
 感謝と讃美について
 
 (ローマ人への手紙、口語訳)
1:5
わたしたちに、イエス・キリストによって神の子たる身分を授けるようにと、御旨のよしとするところに従い、愛のうちにあらかじめ定めて下さったのである。 
1:6
これは、その愛する御子によって賜わった栄光ある恵みを、わたしたちがほめたたえるためである。
 (ローマ1:5-6、新約聖書)
 
「愛のうちに」「ほめたたえるためである」と書いてあります。感謝と讃美は、しなさいと言われて、するものではありません。せずにはおれないときに、正直な気持ちで、するものです。
 
 (コロサイ人への手紙、口語訳)
3:15
キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。あなたがたが召されて一体となったのは、このためでもある。いつも感謝していなさい。 
3:16
キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい。そして、知恵をつくして互に教えまた訓戒し、詩とさんびと霊の歌とによって、感謝して心から神をほめたたえなさい。
 (コロサイ3:15-16、新約聖書)
 
「いつも感謝していなさい」・・できるでしょうか。この訳のままでは不自然な感じを受けます。
「感謝して心から神をほめたたえなさい」と書いてあります。感謝は、時々に生まれるものであって、しなきゃいけないからするものではありません。
 
「感謝して」「心から」・・つまり、感謝は、心から溢れるように、正直な気持ちでするものです。
 
感謝と讃美は、無理にして、それが信仰だと思うことのほうが、危ういのです。特に、讃美は、心からではないときにすれば、信仰自慢になってしまいます。
 
感謝と讃美は、折々に、自発的に、そうしたい気持ちに満たされた時に、するべきことです。それよりも、罪人としての自覚が大切であり、罪深い自分を、正直に捧げることが、信仰においては、必須だと思います。
 
 
祈りと孤独

祈りと孤独
 
 
(2018年04月23日、同日一部修正)
(2020年11月11日、若干加筆して再録)
(2021年11月13日、再録+)
 
縁(よすが)
業(わざ)
徒に(いたずらに)
反芻(はんすう)
僕(しもべ)
讃える(たたえる)
 
 
 
  口をあける
 
死なずにいることしかできませんでした
夜ひとり口を空ける
呆けて待つ姿勢
それではいけないか
それではいけないな
 
遠くで犬が吠える
狼の遠吠えに聞こえる
過去を呼んでいるように聞こえる
次々に犬が吠える
今を憎んでいるように聞こえる
また遠くで吠える
未来に向かって叫ぶ牙のようだ
 
遠吠えしてみたい
吠えてみたい
叫びたい
夜ひとり口を開ける
声が出ない
入る
 
聞き取る間もない
 
犬歯を折る
口を引き裂く
喉を突き破る
頸椎を砕く
延髄を貫く
 
罪か罰か知る由もない
 
過去を呼べない速さで夜の風穴
涙腺を干す
 
 
  曲がり道
 
曲がり道はいつも刃物
十字路で振った
三叉路で濡らした
分かれ道を過ぎて拭いた
血と汗と涙
切った先に進むしかない
 
 
  光と恐怖
 
刃物の鋭さは光 凍結への熱
刃先へ走る一瞬すでに眼を切っている
それを際立たせる闇
闇の殺意は鋭い
迫る恐怖に震え立ちすくむ足
否応もなく急がせる
 
それゆえ光の殺意の鈍さは
ときにショーウィンドウの内と外
写真と人形を眺める恐れの傍観にも似る
 
恐怖は闇によって増幅される
それゆえ光によって鈍くなる
見えない周りに見てしまう
見える周りに見逃してしまう
 
刃物の眼は昼の光の最中(さなか)
いかにして開かれようか
泣いたり笑ったり怒ったり
表情をなくしたり借りてきたり
いかにして光の恐さを知りえようか
 
殺意と恐怖
熱と冷血
鋭さと鈍さ
光と闇
元々それ自体は眼に映らないものばかり
 
 
 
 楽山日記へのコメント再録(1.が誰のコメントかは不明)
 
1. 隆くんへ 2019年07月26日 22:53(抜粋)
「間違ったら 誤ったら 素直に詫びて 自分 正さなくちゃいけない」
「それが出来て 初めて人間だと それ出来ないなら 人ではないと」
「嘘ばかり 重ねる君よ 保身だけの 卑怯者の君よ そんな君は 魅力の欠片もないのに」
「失敗した君は 大きな過ちを犯した君は 最大限の償いと 最大限の反省と共に 開いた出店を 畳むしかないんだよ」「人間で在り続けるのなら 人で在り続けるのなら」
 
2. 楽山(自由) 2019年07月27日 09:13
反省、謝罪は大事なことだと分かってても、これを実践するのは難しいんだよなあ。恥ずかしながら、自分もそんな風です。これも一種の、人間の性なんでしょうかね。
 
誰かが注意しても、聞く耳を持たない楽山は、反省も謝罪もしておらず、邪悪な性根の根深さが治りません。一般の「人間の性」などではなく、ゆえに、「自分もそんな風です」などという言い訳は成り立ちません。楽山固有の悪と罪と偽善です。
 
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
(ここは、たまにブログ記事をリンク)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 
 

 
  受け取るべきこと2
 
 
 「キリストは
 いわれなき罪のために十字架につかれました。
 パリサイ人たちが憎いです。」
 
 「何を言っている。
 キリストを殺したのは私たちだ。
 私たちも同じだ。」
 
 
キリストの言動の中で
私たち人間が感動できるのは
キリストの愛に溢れた洞察力と共感力だと思います。
 
何度も言ってきたことですが
物や肉体の奇跡の話は
そういうことをなさる御方なのかと驚きこそすれ
今の時代
物や肉体の奇跡は滅多に起こらない
という現実があるのだから
それを信仰の中心にすることは間違っていると思います。
 
数々の奇跡のみに注目して
いつか起こる、いつか起こると
物や肉体の奇跡を祈り願い待ち望んで
それで人生が終わるのがキリスト者でしょうか。
 
魔法を願って思考停止することを神は人に求めるでしょうか。
神は人を考える存在として造られました。
 
奇跡頼みは、私たちの日常において
考えるべき様々の課題から目を逸らすことになりはしないか。
 
聖書を読むとき、物や肉体の奇跡に驚いても、
現代ではめったに起こっていないわけだから、
そういう奇跡を信じ込んで信仰と呼ぶことは、
共感として受け取ることのできる心の奇跡を疎かにする恐れがあります。
 
超常にこだわることは
日常を疎かにしてゆくでしょう。
 
この地上で
神は魔法によって人を救うのではありません。
神・キリストという全能なる超常は理解の対象ではなく
祈りと希望の拠り所であります。
 
私たち人間が学ぶべきは
神の意志と行為ではありません。
神が、いかにあるかでもありません。
それら神秘を人が知ることはありません。
 
私たち人間が学ぶべきは
神の民である私たちが、いかにあるべきかであります。
聖書を通して、人間を学ぶのであります。
信仰は、他でもなく、人間のためにあります。
そのために聖書は用意されています。
 
救いという心の奇跡は
救いの言葉を繰り返し唱えることではなく
人間として心の共感を大切にすることから与えられます。
 
 奇跡の話ばかりして讃美しまくり
 信仰者の弁えとしての神への恐れを全く無視して
 王様のようにふんぞり返っているが
 実は、自らの人格を信仰の名のもとに破壊して
 まるでケダモノのような卑しさに堕している者がいます。
 
 神の理屈を考えたつもりで
 自分の思想のうちに納まるような
 幼稚な偶像を神と呼んで否定したり肯定たりしながら
 自己の欲求不満を晴らそうとと企む者がいます。
 
 このブログ、そして私は、
 そういう偽善者たちの言動を資料として
 反面教師とするために批判をしています。
 
 信仰は純粋な心の営みです。
 しかし、宗教という名前には、
 誤解と曲解と偽物と偽者とカルトが混ざってきます。
 
 キリスト者が人口の1%、
 百万人と言われていますが、そんなにいるでしょうか。
 その十分の一いたら、奇跡です。
 いや、一人でもいたら、奇跡です。
 私も、真と偽、行ったり来たりしています。
 
物や肉体の奇跡は
人間にとって
わけのわからないことです。
即ち、真似のできないことであり
即ち、心掛けようのないことであり
誰でも与えられる恵みとして
期待するほうが無理ということであります。
日々の務めとして努力しようもないものです。
 
また、情欲の聖句や、敵を愛せよ、など
守れもせぬ教えを
できるだけで守っている気分になっていると
旧約が伝える神と人の絶対的な違いや
新約が伝える神格が人格に与えるものを
疎かにしかねないと危惧しています。
 
冒頭に書いたように
私たちが受け取って感動し共感できるのは
魂の奇跡または心の奇跡と呼んでいるもの
即ち、救われた人々との交流において表されたところの
キリストの愛と洞察と共感であります。
私たちが受け取れるもので
私たちに分かるのは
それ以外にはないと言ってよいと思います。
 
キリストの愛と洞察と共感を聖書から受け取れば
私たちの中で確かに生きてくる賜物となり力となるでしょう。
 
物や肉体の奇跡の成り行きは
御心のままにしかならないものとして
私たちも御心のままにと祈るほかはありません。
 
私たちは自由意志を与えられているのだから
生き方は一人一人違う場面を持っています。
 
教えや聖句について
受け取ったものを固定するべきではないと思います。
 
言葉は
どの国の人にとっても
心と意志の伝達のための暗号です。
言葉を固定して暗唱できるようにしても
心は固定できません。
 
 (創世記、口語訳)1:3
神は「光あれ」と言われた。すると光があった。
 (創世記1:3、旧約聖書)
 
 (ヨハネによる福音書、口語訳)1:1
初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
 (ヨハネ書1:1、新約聖書)
 
絶対なのは、神の言葉です。
神と共にある言葉です。
 
人と共にある言葉はしばしば罪を犯します。
人の言葉が絶対となることはありません。
人の言葉は学ぶために伝えるために使われるのです。
 
私たちは成長することで
堕落に対抗することが必要であり
それが可能になるためには
聖書についても、読んだとき聞いたとき
分かったつもりになることを避けて
正直な心で疑問は疑問として保留にしておくべきです。
地上に生きている間は保留にしておくべきです。
新しい理解と広がりの可能性を捨てるべきではないと思います。
 
私たちは
神の言葉を即座に理解するほど優秀では有りません。
さらに私たちは
理解したつもりのことを不変に保持することは出来ません。
心は、揺らぎ、移り変わるからであります。
 
神には起こらない不安定が起こるのが人間であり
"風を追うようなもの" とは、私たちのことであり
その証拠は、私たちの、死すべき定めにおいて明らかであります。
 
私たちの成長は、
成就しても限りあるけれども
それさえも
神の前に、飾ったり、偽ったりする者には
決して達成されることがありません。
 
日々、精いっぱい正直に神に告白し祈ることで
はじめて、ようやく、達成に向かう努力となるでしょう。
 
 
私の言うことを取るも取らぬも読む人の自由です。
しかし、取る、あるいは、取らない、ということを、
今、決めてしまうことも
不完全で罪深い私たち信仰者の成長のあり方ではないと思います。
心に残るなら、時に、考えてほしいと思います。
 
信仰は、思い込みでも信じ込みでもなく、共感であります。
 
悪口に、悪口だけを返すことのないように
侮辱されて、侮辱だけを返すことのないように
憎まれて、憎しみだけに固まることのないように
自分の快楽原則のみで他者を無視するようにならないために
迫害されて、お返しに、害することのないように
自分を守るために、神の名によって、硬く自閉することのないように
悪しき刺激を受けても、心がいつまでも乱れていることのないように
攻撃されても、神の復讐だけを願う生き方にならないように
被害的念慮と他罰的念慮に凝り固まることのないように
神の裁きを求めることが、人の人への復讐祈願にならないように
神を信じることが、他者を呪うことではなく、解放であるように
 
祈っています。拝。
 
 
(私個人の祈りの例)
 
どうか母をお守りください。
どうか兄をお守りください。
亡き父と親族の魂が安らかでありますように。
私が愛する人々と私が思っている人々をどうか守り導いてください。
 
年を重ねるごとに心身の衰えが目立ってきました。
御心ならば、私の痛みと苦しみを取り去ってください。
わが罪をお赦しください。
この罪人をお赦しください。
どうか離れないでください。
 
この祈り、主イエス・キリストの御名を通して
御前にお捧げいたします。アーメン。
 
 
(2020年03月10日)
 
御心、御名、御前の、御は「み」と読んでいます。
 
 
固定しないこと

自由そして解放とは
 
 
(2021年03月12日、再録+)
 
 
  楽山のツイッターですが
 
心機一転★こも楽山
@komo266
·1時間
「宗教法人に課税を」とは、
前は、それもありかも…と思う程度だったけど、
いろいろな意見を読むうちに、
ぜひともそうすべき…という考えに傾いてきております。
 
理由も根拠も書かずに書いています。カルトも伝統宗教も区別せずに、よほど宗教が憎いのでしょう。しかし、その楽山が、嘘吐き・無反省・無責任・無神経では、説得力はゼロです。
 
楽山の感情的な短絡だろうと思います。実行するのに、人も要るし、法制度や条件も整えないといけないし、確認し区別する手間もかかるし、山奥の小さいお寺や、町はずれの小さな教会とか、貧しい信徒に負担がかかるとか、いろいろな問題、・・またしても、楽山は、人についての心遣いの出来ない自己中心の有り様を表しています。
 
自分の欠点を見ない、人の弱みを考えない、共感も同情も感じない、思慮が浅い、何とも思わないで、放言すると気持ちがいい、・・楽山が、自分はそういう人だと自ら表す結果になっています。
 
そういえば・・別のツイッターのプロフィールですが、
 
raku
@rakusyo34
ただの20歳の学生です。Z世代。漫画好き。両親不仲、離婚、いじめ、借金、宗教依存、引きこもり、自分の難病、重度障がい者、HSP、元幸福の科学2世、脱退者。宗教を信じても幸せになれません。#幸福の科学 #不幸の科学 #アンチHS
2020年4月からTwitterを利用しています
 
この経歴も本当かどうか分かりませんが、一応、楽山の宗教憎し・反宗教に、符合するわけです。
 
HNだけの匿名で投稿できて、大方、責任も問いにくい短い書き捨てで、どこまで本当で、どこまで嘘と吐いているのか分からないところが、軽い気持ちや趣味とかで書くだけでなく、さらに、だます目的の人や、嘘吐きや、誹謗中傷したい人や、本音隠しの遊びの人が、ネットに蔓延るスペースになっているのでしょう。
 
問題は、書く内容や書き方次第では、及ぼす結果が、自殺であるとか、詐欺とか、カルト宣伝とか、ただの趣味や気休めでは済まない場合があるということです。
 
 
(2021年03月12日)
 
 
東北大震災の犠牲者:15899人
震災遺児:1698人 ・・・改めて驚く。親戚に?施設?
 
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、ブログ記事をリンク・抜粋)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 

このページのトップヘ