ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

タグ:罪性

 
  楽山の滅裂理路
 
 道から外れることはできるのだろうか?
 (『神皇正統記』北畠親房著)
 2021年05月09日 楽山日記(LD)
 
 
いつものように詭弁だらけで、さらに、理路が混乱し、収拾がつかなくなっている楽山です。元々、ベースとなる宗教の理解も共感もなく、思いつきだけで自己満悦を求める姿勢には、真実の道など、通ることはないのです。
 
楽山は、理屈を言っていてもまとまりません。すっきり理路が整うことがありません。平気で、嘘を吐き、詭弁を弄して、人を惑わしてきた報いなのでしょう。
 
*道とは?
『神皇正統記』を読んでいたら、気になる文章があったのでメモしておきたい。
古の聖人は「道からはかりそめにも離れてはいけない。ちょっとでも離れることができるようなものは道とはいえない」と言っている。
(『神皇正統記』北畠親房著、松村武夫訳、教育社、1990年、p.111)
 」
前々から、「『道を踏み外してはいけない』とか、『真理に反した行いをしてはいけない』というけれど、そもそもすべてを統べる真理、法というものがあるとして、そこから外れることなんて可能だろうか? 
 
「道を踏み外して」「真理に反した」・・楽山が、継続的にやっていることです。
 
そして、早速、「真理、法というものがあるとして、そこから外れることなんて可能だろうか?」と、真理に反することを話題にしています。楽山は、ずっと、外れっぱなしです。
 
楽山のような単純断定や幼稚な詭弁では、言うまでもなく、信仰は理解不可能ですが、そうでなくても、信仰は、道とか真理とかいう言葉の概念だけで把握できるようなものではありません。
 
それまでの体験があり、聖書を読んで、キリストの共感を感受し、キリストに共感することから、信仰は始まります。今まで知らなかった温もりを救いとして生きるのが信仰の世界です。
 
 
私たちが、聖書と、経験から、何を考えられるかと言えば
 
全能の神を知るということは、
神の完全に対する人の不完全を知ること以上ではありません。
そこに人の罪に気づく必然があります。
 
また救いを知るということは、
主イエスの共感を知ること以上ではありません。
そこに神の愛を知る必然があります。
 
不完全な人間は、
神を恐れ、罪人の自覚を持ち、
キリストの同伴を得て
共感という恵みのうちに耐え忍んで
この地上を生きるのです。
主イエスの共感は神の愛であります。
 
 
外れることができた時点でそれはすべてを統べる真理でも、法でもないことになるのではないか」という疑問を持っていたので、
 
いいえ、楽山独りが、外れてゆくのであり、外れているのです。真理とか法とか、楽山らしい見栄で硬い熟語を使っていますが、要は、人間らしい良心を持っているかどうかということです。
 
楽山は、またしても、屁理屈で、真理は相対的だから外れてもいいと言いたいのでしょうか。外れていいなんてことはないが、人間は、しばしば、外れてしまいます。
 
それが、楽山には無いところの、現実認識です。そこで、為すべきことは、自分を振り返り、立ち直れるかどうかであり、楽山のように外れたことを正当化することではありません。
 
良心があれば分かることです。前から言っていますが、楽山には、自己愛性人格障害のために、良心がなく、修正能力がないので、外れることを、自己正当化の切っ掛けにさえしてしまいます。結局、こんな初歩的なことも楽山は分からないほど未熟な人格なのです。
 
「ちょっとでも離れることができるようなものは道とはいえない」という一文は我が意を得たりという心持ちがする。
 
人間が歩むべき "道" でも、人間は不完全で罪深いのですから、道を離れることはあるわけです。したがって、そこから、どう立ち直るかが問題なのです。
 
楽山の「我が意を得たり」は、「道とはいえない」が都合がいい、というだけの意味です。高等感情と理性が鈍麻している楽山は、信仰の道を否定し、勝手に道ではないものに真理や宗教を当てて、また、自己を誇大化して見せたいのでしょう。
 
良心がないと、人間とは思えないほど精神が、病的に変質して、詭弁に走ってゆくという例となります。楽山の言葉、特に褒め言葉には、誠意がなく、代わりに、詭弁が隠れているのです。
 
もっともこれはこの一文だけに注目した自分の解釈であって、この文章全体の意味は、君に忠、親には考を尽くすのが人の道であって、これに反してはならぬ、もしそうするなら相応の報いがあり、無事には過ごせぬだろう、人は道から離れては生きては行けぬものなのだということなのだろうけど…。
 
「一文だけに注目した自分の解釈」・・だったら、書くな、ということです。あとは、言い訳が見苦しいだけです。楽山は、この「自分の解釈」というところで、恐ろしい訂正不能と自己中を、漏らすように、表してくるのです。どこまでも、詭弁に走る楽山の悪意の因業です。性懲りもないところです。
 
◇◆ 追記 2021.5.9 ◆◇
*詩編
この記事を書いたあと、ツイッターを見たら、詩編139が話題になっていた。
どこに行けば/あなたの霊から離れることができよう。/どこに逃れれば、御顔を避けることができよう。/天に登ろうとも、あなたはそこにいまし/陰府に身を横たえようとも/見よ、あなたはそこにいます。
(詩編139:7-8)
胎児であったわたしをあなたの目は見ておられた。/わたしの日々はあなたの書にすべて記されている
(詩編139:16)
なんとなしに、お釈迦様から離れることのできない孫悟空を連想してしまうが、人は全能者の定めた範囲から一歩も外にでることができないというのはその通りではあろうと思う。
 
楽山は、あからさまに、嘘を吐いています。ここでは、楽山は神の常在を支持する理路など持たないのに、離れられないようなことを書き、上のほうは、離れるような道なら、それは道ではない、という正当化に結びつけようとしています。
 
全能者の定めた範囲というのが、楽山に分かるのでしょうか、否です。この詭弁によって、宗教は、人を縛るんですよ・・という先入観を吹き込みたいのです。汚い。宗教は、人を縛るのではなく、それこそ楽山のような者から守るためにあります。これを魂の解放といいます。
 
身勝手で滅裂な楽山に縛られるのは人格破壊の滅びであります。嘘を吐き、収拾を付けられず、ただでさえ詭弁だらけの楽山の理路が、混乱~パニック状態にあるようです。人を、惑わせ、混乱させ、疲労させるだけの楽山ブログは、早く消えてほしいです。
 
元々詭弁だけで、怠慢と病質のために理路を立てられない楽山は、このままでは、支離滅裂になってゆくでしょう。楽山の自業自得による支離滅裂が、宗教や真実を装うのは、非常に迷惑であり、害悪であります。楽山は、次第に、犯罪に近づいているように思われます。誰も近づかないでください。
 
良心がないと、自尊過大の自己中のために、間違いを正当化しようとして、このような醜い有り様になるということです。しかも、楽山は、反省という言葉を書いても口だけで、その前後で何も変わることがなく、つまり、反省など一度もしたことはないという恐怖なのです。
 
楽山の理路は、多く、"全か無" という進め方をします。また、一部と全体の区別もつかない、ということが、今まで、明らかになっています。常識的な論理の進め方すら学んでいないのは、言論者として失格なのです。多くは、作為の詭弁ですが、常習化して、抜け出すことが出来なくなるのでしょう。
 
まっとうな言論ではなく、詭弁と専門用語で、小学生レベルの幼稚な理屈を、自己満悦するために曲げて、まともに見せかける芝居をしてきたのが楽山です。
 
一人前の人格からは、どこまでも遠い楽山の、当然のごとく予想された経過なのです。何度も、続ければ、自他の人格破壊に至ることを、ずっと警告してきたのです。
 
上の聖句は、いずれも、いかなる時も、神は人とともにおられる、神は人を知っておられる、いつも神は人を見ておられる、神は人を見捨てない、神は人を導く、ということを言っているのです。
 
それを、全く理解せず、勝手なことばかり言って、神をけなし、真理がどうの、道がどうのと、難しいことが分かっているかのように見せかける芝居は、ただただ、不様で、見苦しいだけです。
 
楽山は、恥ずかしいほど、おかしなことを言って、それを指摘されると、不感不応によって黙り込み、答えません。そして、しばらくすると、また、何事もなかったかのように、求められてもいないのに、ベラベラとしゃべりまくります。
 
恐らく、楽山には、生きている実感がないのでしょう。何から何まで、芝居をして押し出していなければ、自身の精神世界が成り立たないのではないかと思います。
 
どう批判しても無駄で、無視するだけの楽山に対しては、誰も楽山の被害者とならないように、偽善者についての資料として記録してゆくしかありません。それをもって、近づかないようにという警告と情報を敷衍(ふえん)するしかないのです。そのために、楽山の、書かずにおれない自己顕示欲を利用します。
 
 
滅裂な孤独

滅裂な孤独
 
 
(2021年05月11日)
(2021年05月12日、一部修正)
 
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、ブログ記事をリンク・抜粋)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 

 
  分からないと言える勇気2
 
 
B:私

キリストの教えについて、分かることと分からないことがあります。
ずっと分からなかったが、あるとき分かったということもあります。
キリストの教えを理解することは、信仰の成長に伴います。
分からなければと、思い込もうとしたり、決めつけたりしないでください。
 
Q:「情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。」
  (マタイ5:27より、口語訳)
  「みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。」
  (同、新共同訳)
  
A:情欲をいだいてはいけない。
 
B:情欲をいだかなければ人類は滅亡する。
 
A:子供を造るためにだけ許される。
 
B:さあ子作りを始るぞ・・だけでセックスする男女はいない。
   いたとすれば、偽善者の嘘か、気色悪いかだ。
 
A:「他人の妻」ということなら、守れるだろう。
 
B:情欲は、湧いてくるものであって、湧かないようにすることは出来ない。
 
A:だから、できるだけ心掛けようということ。
 
B:そんな教えなら、ありきたりの道徳と同じ安っぽさだ。
 
A:無意味だというのか。キリストの教えを。
 
B:守れという教えではないということだ。
 
A:教えは守るためにあるんじゃないのか。
 
B:この教えは、守れない私たちのためにあると思う。そして、できるだけ・・みたいな甘いものではない。信仰の根幹にかかわることだ。
 
B:恐らく、神のように完全になるには?と問う者が多かったゆえに、キリストは、守れないことを承知の上で、完全になるため?の教えを説いた。これは、到底守れないことの例示である。つまり、完全になることが信仰ではないという教えだ。
 
B:ゆえに、信仰は、守れない不完全な人間である罪人が救われるための信仰である。したがって、この教えは、結局、罪なき人は一人もいない、信仰者も罪人でなくなるわけではない、ゆえに、祈って、赦しを乞いなさい、という教えである。他に解釈のしようがない。
 
 
偽善者は、守れと言って、守っていない自分を隠して偽ります。
 
こまごまと、ああせよ、こうせよ、こうするな、などを考えるのは、行為義認に走りやすく、また、傲慢な偽善者の自慢話のネタになるだけでしょう。
 
神の前に、不完全で罪深い自分を正直に告白することが、信仰です。それ以上でも、それ以下でもありません。
 
 
聖書には、分かりにくいところが、いっぱいあります。そのような場合に、気安く分かったと言わないでください。聖書は、人間存在のあり方について、奥が深いのです。
 
信仰は、誰でも理解できるように、上の解釈が可能なように、すぐれてシンプルでもありますが、たとえ、分かったつもりでも、もっと深い話~解釈によって、信仰を新しくすることが必要な場合があります。自分の理解を固定しないことが大切です。
 
なんとなく言葉の辻褄が合った気がして、そうですね・・と言うのと、分かる、すなわち、理解する、ということは別です。分かったと思ったときに解放感を伴うのが理解です。伴わないのは実感のない辻褄合わせに過ぎません。
 
全能の神と、不完全な人の、決定的な違いを弁えることが信仰です。キリストは、それを伝えて、人々を救う使命をもって来られました。その上で、愛と共感を示されたのです。
 
信仰が、守れという教えならば、教条主義となり、欺瞞によって、守っていると言って、守っていない自分を隠して、パリサイ人のようになるでしょう。そういう偽善者は、現にいます。
 
人が守れないことを承知の上で、人が完全でないことを承知の上で、そのような人々を救いに与(あずか)らせる福音を宣べ伝えるために、キリストは来られたのです。
 
中途半端に納得して頷いて、分かったことにしないでください。知識の優れた人も、いちばん大事なことを分かっていないかもしれません。信仰は、知識自慢ではありません。
 
私たちは、神の、計画も、意志も、教えも、行ないも、心も、分かるから信じるのではありません。分からないほど不完全であるゆえに、神の憐れみによってのみ救われるのです。
 
ですから、肯定でもなく、否定でもなく、分からないことは、分からない箱に入れて、保留にしてください。分からないことを分かったことにしないでください。また、分かっても、それに従って行動するときに、神の意志として絶対化しないでください。
 
分かっても、分からなくても、よりよい理解を求めるために、再考と反省の余地を残すこと、これは、人間そして信仰者が、学習し成長するための務めとして、とても大事なことです。
 
信仰において、いちばん大事なことは、分かることではなく、分からないことを分からないと言える勇気なのです。それゆえに、キリストの荷は軽い、つまり、キリストは、人の荷を軽くする、人を解放する、ということになるのでしょう。
 
 
わからないのにわかったなんて言わない

分からないのに分かったなんて言わない
 
 
(2020年03月03日、同日一部修正)
(2021年03月04日、再録+、同日一部修正)
 
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
ツイッター:
(ここは、ブログ記事をリンク・抜粋)
 
 
ブログ村ランキングリング:INポイントが付かない。
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 

このページのトップヘ