ウソの国-詩と宗教:st5402jp

キリスト信仰、カルト批判、詩のようなもの、思想・理念、数学・図形、などを書いています。

タグ:自己満悦

 
  楽山の右往左往
 
 『母』三浦綾子著
 2021年02月17日 楽山日記(LD)
 
 
楽山が、また、有名人の名を出して、キリスト教を、おちょくっています。三浦綾子を組みやすしとでも思っているのでしょうか。"氷点" を見つめる作家の眼光を甘く見ているようです。
 
小説『母』を読んだ。あらすじは、息子(小林多喜二)の身を案じる心優しい母は、多喜二の死のあとは世の中の不条理にもだえ苦しみ、やがてキリストを信じるようになるというものである。
個人的には本作でもっとも心に残った部分は次の四点だった。
 
小林多喜二は、「蟹工船」で有名なプロレタリア文学の小説家ですが、特高警察の拷問によって殺された人です。過激な右翼思想家を支持していた楽山が、なぜ、多喜二について書くのでしょう。
 
右翼であることをごまかすためでしょうか。あるいは、右も左も、キリストも反キリストも分かってますとでも言いたいのでしょうか。ありえません。楽山の思想の軸は、楽山の我欲・自己顕示欲であり、楽山は、宗教・思想の中身は、どうでもよい男なのです。
 
なぜなら、楽山は、深いところが、何も、理解できないからです。だから、このように、一般受けのよさそうな著者の本を取り上げて、またしても、我欲のための餌食とするのです。楽山が、丁寧に書けば書くほど、その魂胆は凶暴だと思っていたほうがよいでしょう。きたない楽山です。
 
まず一つは、母が苦しみを乗り越えて信仰に目覚める部分だ。息子の死に直面して、「多喜二みたいな親思いの、きょうだい思いの、貧乏人思いの男が、あんなむごい死に方をするべか」(H21 p.184)と考え、「神も仏もいるもんか」(p.185)とまで思いつめた母親がキリストを信じるに至る過程は読みごたえがあるし、ヨブ記に通ずるところもある。信仰があればこそ不条理には苦しめられるが、この苦しみは信仰によるのでなければ乗り越えられないのだろう。
 
楽山がキリスト教を書くのは、反キリストだから、多喜二の母が「あんなむごい死に方をするべか」と書いていますが、殺したのは、右翼に支配された特高警察です。惨い死に方です。
 
まるで、犯人が責任逃れでもするように、話を逸らし、母親の「神も仏もいるもんか」とか、ヨブ記を持ち出して、「信仰によるのでなければ乗り越えられない」などと書いています。信仰など、楽山は全く知らない無機質な人格であり、調子のよさそうな文言を書いて、バランスのとれた人間を装うのです。
 
こういう、無分別・無節操・無反省・無責任男が、いちばん、有事には、卑怯者として行動するのではないかとさえ思います。今まで、ずっと、自己正当化だけのために、記事を書き、ツイートし、右も左もなく、キリストも反キリストも分かっておらず、気取りだけで、一人前に見せかけてきたのです。楽山という危険人物に、どうか、近づかないでください。
 
もう一つは、最後の「イエス涙を流し給う」のくだりである。作中には「生きてる時も死んだ時も、イエスさまと一緒だってことわかれば、イエスさまの立派なお弟子さんですよ」(p.211)という牧師の言葉があるが、これは「浜辺の足跡」に通ずる考え方であろうし、人が涙を流すとき、キリストは共にあってそのすべてを理解しており、このことを実感することで人は安らぎを得るということだろう。
 
「浜辺の足跡」foot print の話は、・・キリストとともに浜辺を歩いてきたつもりが、足跡が一人分しかなかった。見捨てられたと思ったら、実は、キリストが背負っていたので、一人分の足跡だった・・という話です。
 
偽牧師シャロームも引用したほどに、罪や偽善などは書かれていない、ありがたくて、受けがよくて、神の恵みを感謝・讃美する話です。
 
楽山が、シャロームと、仲間であり、同根であることが表れています。成りすましも疑われます。
 
つまり、偽善者やキリスト教をネタにしたカルトにとって、責められることがないため、とても使い勝手の良い話なのです。
 
三つ目は、小林多喜二は貧しき人々のために尽くしていたが、それゆえに拷問され殺されたとして、キリストと重ねているところである。自分は小林多喜二についてはほとんど何も知らないのではあるが、こういう話を聞くと、どんな人物だったのか興味がわいてくる。
 
多喜二という人物を、キリストに重ねるのは、キリスト信仰を理解していない楽山のような軽薄者だと思います。ですから、楽山の「興味がわいてくる」は、嘘です。
 
四つ目は内容ではなく、形式についてだけども、本作で無学文盲の母が我が子の多喜二について語るという設定にしてあるのは、うまい工夫だと思う。これによって共産主義や当時の多喜二を取り巻く状況について深入りすることなく、母の見聞きできた範囲について素朴な言葉で語ることになり、とても読みやすく共感しやすい作品になっている。
 
「共産主義や当時の多喜二を取り巻く状況について深入りすることなく」に、楽山の魂胆が表れてきます。共産主義やキリスト教など、楽山には、やはり、根拠もなく、前提として、敵なのでしょう。ならば、何も書かなければよいのに、自己顕示しないではいられないのです。無反省・無責任の楽山のような詭弁屋には、こういう揶揄と否定の仕方もあるわけです。だまされないでください。
 
多喜二について書こうとすれば膨大な資料を読み込まなくてはならないだろうが、母親の視点から多喜二を書こうとすればそういう手間は大幅に省けるだろうし、特定の枠を超えてより多くの読者を期待できることになる。こう考えてみると、一つのテーマについて書こうとするとき、視点の置き方一つによって、書き手の労力や読者の範囲は大きく変わってくるということが実によく分かる。
 
なぜ、楽山は、膨大な資料、云々といっているのでしょう。左翼の多喜二について膨大な資料を読んでいない母親の視点で書いたから手間は省ける、読者を期待できる、などと言って揶揄するためでしょう。嘘と詭弁の楽山は、親の視点など手に負えないことを自覚していません。
 
楽山は、いかなる視点も定まらず、いかなる労力も使わず、おとしめと悪用だけに生きている楽山です。過激が固着した我執の砂岩なのです。だから、今までの成り行きを知っている者からは、ポロポロ、砂がこぼれるように、魂胆と不能が見えてしまいます。
 
以上、本作を読んでもっとも心に残ったことを四つに絞って書いてみた次第である。
なお小林多喜二の命日は2月20日とのことである。奇妙な偶然だが、先日、何気なく本作を手に取り、命日前に読み終えることができて良かったと思う。
 
楽山が、事と次第を、まるで理解せず、ゆえに、詭弁以外何も書けないことが表れており、自分以外に向けて、余計なことばかり書いて、さらに命日云々と受けねらいの因縁付けをしている様子は、楽山はまともなつもりでも、いつ見ても、わざとらしくて、くさくて、醜いものです。なおも恥ずかしげもなく書き続ける楽山は、人間としての尊厳さえも、持っていないのでしょうか。
 
 
誰を欺く

たれを あざむく ?
 
 
 楽山のツイートですが
 心機一転★こも楽山 @komo266
 
得意気に、人を、おとしめるサディスティックな楽山です。
 
この考え方は、露骨にいえば、人と関わるのに費用対効果を考えてることであるし、合理的ではあっても、信仰によるものではないですね。
 
楽山に信仰によるものかどうかは分からないと思います。信仰を、超常現象を信じ込む理屈だと思い込んでいる楽山です。楽山の合理は、神と人の関係の世界で、どこまでも、信仰の合理からは、著しく外れてゆく定めとなる人格を形成してきたのでしょう。
 
奇跡と希望を信じる信仰者は、こういう風に奇跡と希望を省いた考え方はしないだろうし。
 
AならばAですね・・と、楽山は、言っているのでしょうか。
 
しかし、楽山は、平気で嘘を吐きますし、刷り込みをしてきます。楽山が奇跡というとホラーですし、希望というとインチキだと思います。そういう宗教観なので、信用しないでください。
 
KENTO氏はアンチとの議論で傷つき疲れ、信仰を見失ってますね。
 
そして、楽山は、慰めるように見せかけて、相手が、傷つき疲れていることを、信仰を見失っていると言って、あからさまに、「ますね。」付きで、わざわざ強調して、さげすんでいます。こういう人を信用すると、酷い目に遭うのです。今日も、物の言い方を知らず、勝ってる、勝ってると、含み笑いで、自己満悦感に浸る楽山のようです。
 
神は、いつまでも黙って見ておられる御方ではありません。そのうち、私が死んだ後であっても、心の無い楽山が、手足をもがれる時は、いずれ来るだろうと思います。楽山の言が、人間的な良心から、今も、どんどん、外れて行きつつあるからです。
 
 
(2021年02月18日、同日一部修正)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
 
(古い記事は載っていません)
 
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
(ここは、ブログ記事をリンク)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 

 
  楽山の独り言
 
 KENTO氏による楽山批判(5)(ネット上の議論についての反省)
 幸福の科学とは何だろう?ブログ 2021年02月07日
 
 
また、性懲りもなく、楽山は書いてきます。しかも、何の説明にも弁明にもなっていないことを、的を逸らして、お互いさまみたいに言って、今まで同様、自己正当化してくるわけです。これが、病質者のやり方だと思ってください。折れないのも、書いてくるのも、無反省・無責任と同じく、病質の症状なのです。だから、楽山の言は、全否定しかないのです。
 
*反省メモ
今回の議論についての、反省点をメモしておきたい。
メモしないと、すぐに忘れて、また同じ失敗をしてしまいがちなので(笑)。
 
議論は双方向のはずですが、楽山は、議論はしていないわけです。さらに、楽山は、無反省なので、反省点のメモも、自己正当化だろうと予想がついてしまいます。まだ、まともなつもりで書いて、だませると思っているようです。
 
*過去の教訓
まずは、ネット上の議論について、過去の教訓を思い出してみる。
リアルでの議論なら、長くても二、三時間で済む。でもネット上の議論は延々続く。他のことをする時間を奪われる。
 
何を基準に、二、三時間で済むと言っているのでしょう。真実の追求は、一生涯にわたることもあると思います。いつものことですが、楽山の気安く甘い見方です。
 
楽山との話は、世辞で終わらせない限り、永久に終わりません。こっちの言うことを、まるで聞いていないのですから、しかも、自らを省みず、責任も負わないわけですから、「時間を奪われる」というのが、まず、被害者意識でしかありません。ふつう、無反省・無責任は、議論で成り立たない、ということが、楽山には分からないのです。
 
事実関係の議論なら結論が出ることもあるが、宗教・思想など価値観に関する議論は、水掛け論になり延々続く。時間を奪われる。
 
楽山が相手だと、水をかけ合うのではなく、楽山が勝手に掛けてくるだけなので、時間を奪われるというのは、気力を奪われるということです。これが、無反省・無責任を相手にするときに、まず、うんざりすることです。
 
楽山の掛けてくる水は、廃液であり、そこには、説得力や真実や、その糧になるようなものや、正直さが、まるで含まれていません。小便を引っ掛けられているようなものです。まともに受け取らないでください。総て、罠です。楽山に対しては全否定するしかないのです。それが、病質者というものです。
 
楽山は、ここでも、問題を、双方同じという方向に持っていこうとします。話し合う気がないものだから、このようなことを書いて、そっちも悪いということにするのです。みんな嘘さ♪・・という歌がありましたが、まさに、楽山は、疲労の上塗りをするサディストです。
 
意見の相違、対立だけならまだしも、それはじきに感情的な対立にすすみ、やがては恨まれて、延々粘着されることになる。そうならないうちに議論は止めるべし。
 
楽山は、最初から、単方向で言いたいだけで、議論する気がありません。体裁だけ、議論について話しているように見せかけています。したがって、止めるかどうかではなく、楽山と議論しよう、議論できる、などと思うことが、元々間違いです。
 
檻の中の猛獣が唸っているのに、しかし僕は・・なんて言っても、通じるはずはないのです。いつの日も、独り言に過ぎないのが、楽山です。
 
このように、「感情的な対立にすすみ」と言って、楽山は、自分の原因、即ち、無反省・無責任、高等感情の鈍麻、高慢、間違いを認めない、つまり、間違いを認める性質が全く欠如している人格です。このような、人間とは思えない精神病質ですから、どこまでも、自らの非を認めることがありません。
 
全く違う人種なのです。まともな人間とは違うのです。普通に生きていてはいけない異常者なのです。楽山のような人、やり取りするだけで、失うものが大きい相手、即ち、エナジーバンパイアを、相手にしてはいけません。
 
人格批判は無視すべし。人格批判に反論すれば、議論は本題からどんどんズレてゆく。
人の意見は変えられない。好悪の感情も変えられない。議論によって相手が変わることを期待してはいけない。
 
楽山については、人格を中心に問題としてください。楽山相手に、議論は、どこまでも、成立しません。総てがズレているのは、楽山です。広い意味での精神異常ですが、訂正不能なのは、基本的に、治療不能であり、それが、楽山という体質です。
 
自分で「相手が変わることを期待してはいけない」と言っています。つまり、お互いが、柔軟に話し合って、双方が、良い方向に変わってゆく、成長する、という議論や交流の方向性が、楽山には無いのです。それを、まさに、楽山が白状しています。議論めいた言葉を使うのは、自己満悦のための手段であり、それが、楽山の趣味なのです。ですから、真剣味はゼロです。
 
悪口を書かれれば反論したくなる。でも反論を始めてしまえば、これで終わりということはなく、延々やりあうことになりキリがない。
 
楽山の勝手な気持ちで、キリを設定してはいけないのですが、楽山は、勝手に、終わりにするでしょう。食い下がれば、ストーカーと言うでしょう。こういう者を批判するときには、人格を問題とするしかないのです。まさに、人格に全ての問題があり、それだけが表れてきます。
 
楽山は、自分勝手が病気になると、こうなるという例なのです。誰も、楽山を相手にしないでください。批判するならば、人格を中心に批判するしかありません。総てが、そこから始まっています。あとは、何も成り立っていないということなのです。受け取っているように見えるのは、嘘であり、芝居です。
 
分かるヤツはすぐ分かる。分からないヤツはどんなに説明されても分からない。話が通じないヤツとの議論は、さっさと切り上げるべし。
 
先ず、楽山の書いた文章を分かる人はいません。分かったと思うのは、むしろ、だまされ、ごまかされている証拠だと思います。無反省で無責任で無神経に書かれた文章は、誰にも理解されることはないのです。
 
「分からないヤツ」という乱暴な言い方に、楽山の傲慢が表れているのが分かると思います。分からない、話が通じない、ということを、楽山が決めています。我執と我欲だけで生きているサイコパスの特徴です。だから、平気で、「さっさと切り上げる」と言うことができるのです。平気で、人を傷つけて、屁とも思わない病気の人格です。
 
こういう人は、それこそ、「分からないヤツ」であり、「話が通じないヤツ」なのです。楽山が、アドバイスめいたことを言っても、決して受け取ってはいけません。精神衛生の問題として、さっさと切り上げて、というより、あらゆる個別のテーマについて、楽山の人格が問題であり、議論できない人であり、議論禁忌の相手であります。
 
ただ間違っているだけではなく、それ以前に、議論できない病気の人格だということです。何を言って来ても、人格の欠損だけを指摘し続けるしかない相手です。あらゆる個別のテーマの議論において、楽山が言ってきたことは、有毒ガスと思っていたほうがよいと思います。ボンベが悪質なのです。
 
そういう人なので、楽山は、自分が悪趣味を楽しむために、人格批判禁忌を何度も言ってきました。治らないからです。インテリ気取りの、いい気持になりたいだけの、楽山の罠にはまらないようにしてください。
 
その他いろいろ。
今回はこれらの教訓を破ってしまったところがあるので反省。
 
楽山は、反省しない人です。ひょっとして、ボクって、ヨワくて、オチャメでしょ、という、受けねらいでしょうか。気色悪いトホホ言語の反省芝居です。その虚偽については何度も何度も指摘してきたところです。楽山には、欲望はあっても、教訓はないと思います。教訓という言葉を言って、その都度、でっち上げてきたに過ぎないのです。
 
*今回の教訓
今回の教訓は、事実に関する議論と、評価に関する議論はきちんと分けようということ。
自分は、この議論は、盗用の有る無しという事実に関する議論だと思ったのではあるが、よく考えてみたらこれは事実に関する議論ではなく、評価に関する議論であり、ある意味、価値観に関する議論に踏み込んでいたのだった。
自分は迂闊にもこの辺りのことを見誤り、盗用問題の議論は、事実に関する議論だと思い違いをしていた。これは失敗。ひたすら反省。
 
評価や価値観に踏み込まない議論はないと思います。どうあるか、だけでなく、必ず、どうあるべきか、ということは問われているのです。ゆえに、論者の人格のあり方は、いつも問われることです。そこに議論についての真摯さが表れてくるからです。その点で、楽山は、既に、まったくの欠格です。
 
*評価に関する議論
ちなみに、この手の議論はHS界隈ではよくある。
たとえば、代表的な事例としては、「大川隆法は仏陀か否か」というものがある。大川隆法は存在するというのは事実に関する話だろうけれども、「大川隆法は仏陀か否か」というのは、評価に関する議論なので、大方の人々が仏陀ではないと判断し、それが事実であったとしても、仏陀であると言い張る信者に意見を変えさせることは困難だということになる。
「霊言は本物かどうか」という議論も同じ構図だ。大方は霊言は嘘だと判断し、それが事実であったとしても、「霊言は本物だ」という信者の評価を覆すことはできない。
 
信条を覆すことは出来ない、ということを、まわりくどく、あたかも、理論であるかのように、言っている楽山です。このような、論者気取りに、どれだけの人が、だまされてきたのでしょう。
 
信条の問題には、心情が深くかかわってきます。楽山は、人の気持ちが分からないし、高等感情の、悔いる心や、思いやりや、共感が欠如しているから、こういう書き方しかできないのでしょう。
 
HSから離れて、極端な例を挙げるとすると、殺人事件にもこれと似た構図がある。ある人がある人を死に至らしめたのは事実としても、それが殺人であるか、過失致死であるかの判断については、一方が正しく、もう一方は間違いであるとはっきり決めることは困難だ。大多数が殺人と判断する場合でも、過失致死だと言い張る人にその判断を変えさせるのは難儀だろう。
 
殺人か過失致死かは、はっきり決められないで済ませていい問題でしょうか。それで、警察や裁判所は成り立つでしょうか。楽山は、誰か、殺すか、殺す予定でもあるのでしょうか。楽山は、先回りして、弁解しているのでしょうか。
 
殺人か過失致死かは、犯人が判断することではなく、社会の要請に応じて、裁判が判断することです。楽山は、よりによって、とんでもない方向へ話を持ってゆくようです。
 
したがって、ある論文には他の論文と同じ文章がいくつも発見されたという事実に対して、大方が盗用だと判断したとしても、盗用ではないという判断を完全に排除するのは無理だ。ことに大川隆法は仏陀であり、霊言は本物だと判断する人がそのように主張する場合にはそうなる。
 
意見を交わすのに、反対意見を排除する目的で、楽山は書いているのでしょうか。排除されるのは、双方向の成り立たない無反省と無責任の楽山だけであります。
 
ちょっと考えれば、分かると思いますが、当たり前のことを、楽山が、いかに、もったいぶって言っているかということです。元々低劣な理路が無理をすると、このような、蟻地獄のような、堂々巡りのような、原始的な、実に、まわりくどい話になります。
 
恐らく、楽山には、自覚がないのでしょう。高尚なことを書いているつもりなのです。・・君らには分からないかもしれないかなあ・・とでも言いたげに。
 
こうしてみると、やっぱり評価に関する議論はやっかいだし、深入りしてもしょうがないということになる。
 
厄介なのは、楽山という人格だけです。自分で、こじらせて、自分で、言い訳して、自分で、納得してゆくような、孤独な作業に明け暮れるしかない楽山です。
 
評価に関する議論は、厄介ではありません。正常な人は、いつも、やっていることです。誰も深入りしてなどいません。楽山が、独りで、迷惑な、空回りをしているだけです。
 
まあ今回は、盗用問題を話題にし、ネット上に記録を残せたという点ではよかったとは思うが、自分の中では上の区別…事実に関する議論か、評価・判断に関する議論か…があいまいになってたところは、やっぱり反省しなくちゃならん。今度は間違わないように注意しよ。
 
「まあ」という、いい加減さで始めて、当たり前になされている「事実に関する議論か、評価・判断に関する議論か」を、「あいまいになってた」などと言い、またしても、オチャメを装った反省芝居で、「注意しよ」という、いい加減さで締めています。
 
訂正・謝罪は、一切ないことを、見逃さないでください。自分のための辻褄合わせです。そして、それが、楽山という人格の産物です。
 
一切、本気にしたり、まともに受け取ったりしてはいけません。楽山は、何か、テーマや議論の方向を限定して書いていたのでしょうか。否、思いつくままに、好きなように書いていただけです。
 
事実を言い、評価を言い、判断を言う、それが言論であり議論であります。それが、全く整理されておらず、できておらず、殺人と過失致死の話にすり替えてピントをぼかして、お茶を濁している楽山の作為です。まともなことは、ひと言も言っていないと思います。
 
病的に自己愛だけが強い異常人格を相手にするのは、とても疲れる作業です。できることは、こういう、話にならない人がいることを敷衍して、警戒を呼びかけることだけでしょう。
 
楽山の納得は、誰の納得にもなりません。楽山の言論は、誰の言論にもなりません。そして、何の意義もなく、何の糧にもならないのです。ただ、やたら、病的な疲労をもたらしてくるだけです。腹が立っても、人格を含めた否定だけをして、深入りしないようにしてください。楽山は病気です。
 
 
股の間の黙考

股の間の黙考
 
 
(2021年02月08日)
 
 
(古い記事は載っていません)
 
https://st5402jp.blog.fc2.com/
http://st5402jp.livedoor.blog/
(古い記事もインポート済み)
 
(ここは、ブログ記事をコピー・リンク)
 
 
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
 
 

このページのトップヘ